伊東純也スタメンの昨季王者ゲンク、昇格組に3失点で今季初黒星

ゲキサカ / 2019年8月4日 7時53分

スタメン出場したFW伊東純也

[8.3 ベルギー・リーグ第2節 メヘレン3-1ゲンク]

 ベルギー・リーグ第2節が3日に行われ、FW伊東純也の所属する昨季王者ゲンクは敵地で昇格組メヘレンと対戦し、1-3で敗れた。伊東は2試合連続でスタメン出場。後半27分までプレーしている。

 開幕白星スタートを切ったゲンクは、前半18分にクロスをFWウィリアム・トグイに頭で押し込まれ、メヘレンに先制点を奪われた。それでも同アディショナルタイム4分、左CKからFWムブワナ・サマッタがヘディングを決めて同点とする。

 伊東は1-1の後半27分に途中交代。するとゲンクは、後半32分にメヘレンのFWグスタフ・エングバル、同35分にFWイゴール・デ・カマルゴにネットを揺らされる。

 7月20日のベルギー・スーパーカップではメヘレンを相手に3-0の快勝を収めていたが、リベンジされる形で1-3の敗戦を喫し、今季初黒星となった。
●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング