J2復帰を目指す北九州、攻撃系3選手を積極補強

ゲキサカ / 2019年8月15日 14時23分

横浜FMからルーキーMF椿直起が北九州に武者修行に出る

 ギラヴァンツ北九州は15日、モンテディオ山形からFW北川柊斗(24)を期限付き移籍、清水エスパルスからFW高橋大悟、横浜F・マリノスからMF椿直起をそれぞれ育成型期限付き移籍で獲得したと発表した。いずれの選手も期間は20年1月31日までとなっている。

 北川は筑波大から山形に加入した2年目FWで、ルーキーイヤーの昨季はJ2で17試合に出場して1得点。しかし今季は2試合の出場にとどまった。

 高橋も神村学園高から清水に加入して2年目。しかし2年間でリーグ戦の出場はなく、ルヴァン杯での出場のみとなっていた。

 椿は今季より横浜FMに下部組織から昇格したルーキー。しかしプロの壁は厚く、ルヴァン杯の2試合に出場したのみだった。
 
 新天地を通じて3選手は次のようにコメントしている。

●北川
「サポーターの皆様の前でゴールを決めて、チームの勝利に貢献したい。J2昇格に向けて一緒に闘いましょう」

●高橋
「チームに関わる全ての皆さんの想いに応えられるよう、チームのために全力で頑張ります」

●椿
「早くチームに馴染み、プレーで勝利に貢献出来るようがんばります」

 北九州は20節を終えたJ3で現在首位と勝ち点差3の4位と、16シーズン以来のJ2復帰に向け健闘している。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング