霜田監督「最後まで走ってくれた」山口がJ2通算50勝! アウェーで甲府を撃破

ゲキサカ / 2019年8月17日 20時33分

FW山下敬大が決勝ゴール

[8.17 J2第28節 甲府0-1山口 中銀スタ]

 J2リーグは17日、第28節を行い、レノファ山口FCは敵地でヴァンフォーレ甲府と対戦し、1-0で勝利した。FW山下敬大が決勝ゴール。山口はJ2通算50勝を達成した。

 前半は一進一退の攻防が続き、山口は前半22分、山下が浮き球のパスを入れると、うまくDFラインの裏に飛び出したFW宮代大聖が左足で狙ったが、GK河田晃兵が防いだ。甲府もMF内田健太のアーリークロスから好機をつくり、26分にFWピーター・ウタカがヘディングシュート。45分にはFWドゥドゥがフィニッシュに持ち込んだが、いずれも決め切れなかった。

 スコアレスで前半を折り返すと、後半立ち上がりに山口が試合を動かす。後半1分、MF佐藤健太郎の縦パスを受けたDF石田崚真が左サイド深い位置からマイナスに戻すと、山下が左足を振り抜き、先制のネットを揺らした。

 山口は最後まで甲府の反撃を跳ね返し、1-0で逃げ切った。台風の影響もあった中、高温多湿の試合を制し、霜田正浩監督は「こういうコンディションの中、選手たちが最後まで走ってくれた。普段の練習から走り負けないとは思っていましたが、本当にきつかったと思います。選手たちはよく頑張ってくれました」とチームの奮闘を称えた。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●[J2]第28節1日目 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング