金崎2ゴール逆転劇で駅スタ熱狂!! 鳥栖が仙台との下位直接対決を制す

ゲキサカ / 2019年8月31日 21時29分

金崎夢生が2ゴール

[8.31 J1第25節 鳥栖2-1仙台 駅スタ]

 J1リーグは31日、第25節を行った。駅前不動産スタジアムでは16位サガン鳥栖と15位ベガルタ仙台が対戦。FW金崎夢生の2ゴールにより鳥栖が2-1で逆転勝利をおさめた。

 前節、FWフェルナンド・トーレスの引退試合にもかかわらず、神戸に1-6で惨敗した鳥栖。先発を4人入れ替え、DF高橋祐治とMF原川力、MF三丸拡、FW金崎夢生が起用された。3試合勝利から遠ざかっている(2分1敗)仙台は、湘南戦(1-1)と同じ11人を送り込み、4試合ぶりの白星を目指した。

 先手を取ったのは仙台だった。前半20分、MFジャーメイン良が右サイドに展開し、DF蜂須賀孝治がクロスを入れる。これにFW石原直樹が反応し、DF高橋秀人につぶされたが、ふわりと舞い上がったボールをMF道渕諒平が冷静に右足ボレー。これをゴール右に突き刺し、スコアを動かした。

 鳥栖のチャンスは前半32分。敵陣中央の右で獲得したFKから原川がゴール前に送り、金崎が頭でつないだボールを最後はDF金井貢史が押し込んでゴールネットを揺らす。しかし、金井のオフサイドと判定され、得点は認められず。仙台は33分、FW長沢駿のスルーパスに反応したジャーメインがGK高丘陽平をかわすが、右足シュートは枠を捉えきれなかった。

 1点ビハインドの鳥栖はハーフタイムでMF松岡大起を下げ、FW小野裕二を投入する。後半3分、右サイドから金井が斜めに低い弾道のクロスを入れ、PA中央でおさめた金崎がDF平岡康裕を背負いながら、反転して右足シュートを放つ。しかし、GKヤクブ・スウォビィクに足で止められ、早々の同点とはならなかった。

 それでも鳥栖は後半31分、左サイドのスローインをPA内で受けた金崎がMF松下佳貴に倒されてPKを獲得。これを金崎自らゴール左下に突き刺し、1-1とする。さらに38分、金崎が頭で落としたボールをPA左手前から三丸が左足を振り抜く。ゴール前の金井のシュートもブロックされたが、PA左にこぼれたボールを金崎がヘッドで押し込んで2-1。怒涛の逆転劇に大歓声が湧き上がった。

 試合はそのまま鳥栖が2-1で逆転勝利。鳥栖は2試合ぶり白星を飾り、仙台は3試合ぶりの黒星で4試合未勝利(2分2敗)となっている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第25節2日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング