ゲンクがドローで連勝ストップ…フル出場の伊東純也は快足飛ばして好機演出

ゲキサカ / 2019年9月2日 6時12分

FW伊東純也は先発フル出場

[9.1 ベルギー・リーグ第6節 クラブ・ブルージュ1-1ゲンク]

 ベルギー・リーグ第6節が1日に行われ、FW伊東純也の所属するゲンクは敵地でクラブ・ブルージュと対戦し、1-1で引き分けた。伊東は開幕6試合連続でスタメン出場。90分間プレーしている。

 ホームのクラブ・ブルージュは前半41分、右サイドのMFルート・フォルマーのFKにDFシモン・シルバヌス・デリが頭で合わせ、先制点を奪う。後半1分にはフォルマーのシュートがクロスバーを叩くなど、攻勢を続けた。

 追いかけるゲンクは後半22分にPA左角付近でFKのチャンス。キッカーのMFブライアン・ハイネンが右足で低いクロスを送ると、ゴール前に流れたボールをDFセバスティアン・デワーストが触ってコースを変え、同点弾をマークした。

 後半25分には右サイドへのスルーパスに走り込んだ伊東の折り返しから、FWムブワナ・サマッタがフリーでシュートを放つが、飛び出したGKシモン・ミニョレに阻まれる。その後もスコアは動かず、1-1でタイムアップ。ゲンクの連勝は2で止まった。
●海外組ガイド
●ベルギー・リーグ2019-20特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング