2度追いつかれるも金崎&豊田のゴールで突き放す! 鳥栖がC大阪を退けて2年連続ベスト8

ゲキサカ / 2019年9月18日 21時26分

2ゴールを決めた鳥栖FW豊田陽平

[9.18 天皇杯4回戦 鳥栖 4-2 C大阪 駅スタ]

 天皇杯4回戦が18日に行われ、サガン鳥栖はホームでセレッソ大阪に4-2で勝利した。2度のリードを奪いながら2度追いつかれる展開となったが、後半36分にFW金崎夢生が勝ち越しゴールを挙げると、同43分にはFW豊田陽平のこの日2点目でダメ押し。2年連続のベスト8進出を果たした。

 両チームは今季すでにリーグ戦で2度対戦しており、それぞれアウェーチームが勝負を制して1勝1敗の五分。今季第3ラウンドは開始からボールを握る鳥栖が先制に成功した。

 前半20分、左サイドのDF三丸拡が縦への突破から左足でクロスを送ると、ニアの豊田が2人のDFの間で高いジャンプからヘディングシュート。GK圍謙太朗の手を弾いてゴール左に決まり、今大会初得点を挙げた。

 C大阪は今季J2リーグ戦27試合で15ゴールを挙げ、8月13日に琉球から完全移籍したFW鈴木孝司を公式戦初のスタメン起用。2トップを組むFWブルーノ・メンデスとのコンビネーションからチャンスをうかがったが、得点には至らない。

 追加点を狙う鳥栖は前半31分に決定機。PA内左のMF原川力のクロスからファーの豊田が至近距離でヘディングシュートを放つ。しかし、GK圍のファインセーブに遭い、前半は1-0のまま終了となった。

 追いかけるC大阪はハーフタイム明け早々の後半3分に追いつく。左サイドのMF田中亜土夢が自身のシュートの跳ね返りに反応し、左足でクロスを供給。PA内中央でフリーとなったDFマテイ・ヨニッチが頭でゴール右に押し込み、同点弾を奪った。

 だが、鳥栖はすぐに突き放す。後半6分、高い位置でのボール奪取からPA手前右のFW安庸佑が左足で強烈なシュート。ゴール左に突き刺さり、2-1とした。

 C大阪は後半25分、ベンチスタートだったFW柿谷曜一朗とFW高木俊幸を同時投入すると、この交代策が奏功。同27分、左サイドのDF片山瑛一からのロングスローが相手にクリアされてファーに流れ、田中がシュート性のボールを中央に蹴り込む。これを出場直後の柿谷が右足でプッシュし、再びスコアをタイに戻した。

 追いつかれた鳥栖は後半30分、J1リーグ戦でチームトップの5得点を記録している金崎をピッチに送り出す。その6分後に左サイドの原川が右足でクロス。ファーの途中出場MF福田晃斗が頭で落とすと、ゴール前の金崎が右足のボレーで叩き込み、勝ち越しに成功した。

 後半43分にはPA内右の金崎が巧みな股抜きパス。中央の豊田が左足でネットを揺らし、勝負を決定づけた。試合はそのまま4-2でタイムアップ。C大阪は優勝した2017年度大会以来、2年ぶりのベスト8進出はならなかった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!
●第99回天皇杯特設ページ
●[天皇杯]4回戦 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング