大迫勇也の離脱期間は「4~6週間」と判明…10月代表戦は欠場決定的

ゲキサカ / 2019年9月19日 22時18分

大迫勇也の離脱期間が判明した

 ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也の離脱期間が、4週間から6週間とみられていることが分かった。クラブ公式ツイッターが、フルリアン・コーフェルト監督の会見での「4週間から6週間、チームから離脱するだろう」というコメントを伝えている。

 大迫は18日の練習中に太ももを負傷。クラブからは、「重度の怪我を負ってしまった」と発表になっていた。

 大迫は今季、開幕4戦で3ゴールを記録する好スタート。今月行われた日本代表の2試合にも連続して先発出場していた。

 日本代表は10月10日にモンゴルと、同15日にタジキスタンとW杯アジア2次予選を戦うことになっているが、大迫の欠場は決定的となった。
●海外組ガイド
●ブンデスリーガ2019-20特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング