U-16代表FW千葉寛汰がハット達成!!静岡県が開催地の茨城県を下して8強入り

ゲキサカ / 2019年9月30日 14時4分

[9.30 国体少年男子2回戦 茨城県0-3静岡県 北海浜多目的球技場]

 第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」サッカー競技少年男子2回戦が30日に行われ、静岡県は北海浜多目的球技場で茨城県と対戦し、3-0で勝利した。10月1日の準々決勝では東京都と顔を合わせる。

 29日の1回戦でPK戦の末に佐賀県を倒して勝ち上がった静岡県。同試合で1得点を挙げていたU-16日本代表FW千葉寛汰(清水ユース、1年)が圧巻のゴールショーを見せた。

 まずは前半アディショナルタイム1分、MF清水和馬(静岡学園高)からのボールをヘディングで押し込み、先制ゴールを記録する。

 後半33分には、同じく1回戦で1ゴールを決めたU-16日本代表MF東廉(清水ユース、2年)のインターセプトを起点に、千葉が左足のダイレクトシュートで追加点を奪取。その1分後にも左足で決め、ハットトリックを達成した。

 一方、開催地の茨城県は後半のシュート数が1本にとどまるなど、思うようにチャンスを作れず。0-3の完封負けで2回戦敗退となった。
●第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング