1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

出場校チーム紹介:星稜高(石川)

ゲキサカ / 2021年12月29日 18時42分

インターハイ3位の星稜高が全国制覇に挑戦

第100回全国高校サッカー選手権

星稜高(石川)
チーム紹介&注目選手↓
過去の全国大会成績↓
登録メンバーリスト↓
星稜高関連ニュース


星稜高写真ニュース
画▼全国大会日程
1回戦 2-4 高川学園高(山口)■出場回数
2年連続30回目■過去の最高成績
優勝(14年度)■その他、過去の主な全国大会成績
選手権準優勝1回(13年度)、同4強3回(04、12、15年度)、インターハイ準優勝1回(07年)、同4強1回(21年)、同出場29回、全日本ユース(U-18)選手権準優勝1回(02年)■監督
河合伸幸■主将
DF中村実月(3年)■今季成績
[インターハイ](全国4強)
決勝 2-0 鵬学園高
<全国大会>
1回戦 1-0 山辺高(奈良)
2回戦 2-2(PK2-0)札幌大谷高(北海道2)
3回戦 3-0 徳島市立高(徳島)
準々決勝 2-1 岡山学芸館高(岡山)
準決勝 2-3 米子北高(鳥取)
[リーグ戦]
プリンスリーグ北信越7位(4勝4分4敗)
[新人戦](県優勝)
決勝 2-0 鵬学園高■予選成績
3回戦 16-0 寺井高
準々決勝 3-0 金沢桜丘高
準決勝 5-2 遊学館高
決勝 1-0 鵬学園高■都道府県予選準決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
   山崎陸成  山下陸 

前田一勇          戸川期雄
   河合伸悟 岡田伯斗

山田凌平          岡田昂芽
  井上陽向大 中村実月

      山内友登

[決勝メモ] 
 3年連続決勝で顔を合わせた鵬学園高戦は前半、相手に背後を突かれる形でピンチを迎える。だが、左SB黒田大翔(3年)やGK山内友登(3年)の好守で凌ぐと31分、MF前田一勇(3年)の右CKをファーサイドのMF岡田伯斗(3年)がボレーシュート。ゴール前でFW山下陸(2年)がコースを変え、星稜が先制点を奪う。鵬学園はFW加納里玖也とFW坂本陽斗の2年生2トップがチャンスを作り出すが、CB中村実月(3年)中心に守った星稜が1-0で勝ち、2連覇を達成している。■予選取材記者(編集部・吉田)チーム紹介
インハイ3位。冬へ成長する名門
 インターハイは毎試合確認と修正を繰り返しながら、チームを向上させて2度目の4強入り。河合伸幸監督が「立ち位置が見えたので、あれ以下のことはできない」と語るように、全国舞台で基準を確認をしたチームは、全国3位という結果に慢心することなく、それ以上を目指してきた。
 CB中村実月主将(3年)が「週末スタメンで出られるか分からない。誰が出ても、練習の中でもやれている。サブも温度差なくやれたんで、そこは成長できているところかなと思います」と語るように、各選手が競争心を持って、努力し、成長。選手権予選では、迫力のある攻守やセットプレーからのゴールで対戦相手上回るなど強さを示して連覇を果たした。
 いずれもインターハイで優秀選手に選出された大黒柱・中村と推進力のあるMF前田一勇(3年)、収める力が強みのFW山崎陸成(3年)をはじめ、10番MF岡田伯斗(3年)、勝負強いGK山内友登(3年)、フィード力も備えたCB井上陽向大(3年)、ロングスローを操るMF河合伸悟(3年)ら攻守に力のある選手が並ぶ。星稜は12年度から15年度まで4年連続で選手権ベスト4以上。例年、夏に苦しんでも秋・冬に戦える集団になっている印象の名門が、インターハイ3位から成長した姿で選手権を戦い、頂点を勝ち取る。■予選取材記者(編集部・吉田)注目選手
大黒柱は仲間のために戦う
DF中村実月(3年)
「『下手なんですけれども、自分の気持ちや練習しているヘディングを攻守で発揮したい』と語るチームリーダー。インターハイでは貴重なゴールを連発するなど大会優秀選手に選出された。星稜に強く憧れ、佐賀から石川へ。サッカー部の仲間やコロナ禍で甲子園に出場できなかった野球部など応援してくれる人の思いも背負って選手権へ」

自信深めた注目アタッカー
MF前田一勇(3年)
「インターハイで優秀選手に選出され、『自分も全国で戦えるんだと自信になりました』と語るサイドアタッカー。武器とするスピードを活かした縦突破は簡単には止まらない。また、プレースキッカーとしても有能。シュートも得意とし、試合を決定づける一撃にも注目だ」

石川MVP
FW山下陸(2年)
「石川県予選MVP。準決勝で2ゴール、決勝でも決勝点を叩き出した。キープ力や身体の強さに自信。『3年生の気持ちとかも背負ってきているので無責任なプレーとかはできない』という思いを表現する形でゴール連発中。全国でもゴールとハードワークで先輩たちを喜ばせる」■過去の全国大会成績
【20年度 第99回(1回戦敗退)】
1回戦 2-2(PK3-5)作陽高(岡山)
【18年度 第97回(3回戦敗退)】
1回戦 2-0 関西学院高(兵庫)
2回戦 1-0 明秀日立高(茨城)
3回戦 0-1 流通経済大柏高(千葉)
【17年度 第96回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 松山工高(愛媛)
2回戦 0-1 明秀日立高(茨城)
【15年度 第94回(4強)】
2回戦 2-1 玉野光南高(岡山)
3回戦 1-0 中京大中京高(愛知)
準々決勝 3-0 明徳義塾高(高知)
準決勝 0-2 東福岡高(福岡)
【14年度 第93回(優勝)】
2回戦 0-0(PK5-3)鹿児島城西高(鹿児島)
3回戦 2-1 米子北高(鳥取)
準々決勝 1-0 履正社高(大阪)
準決勝 3-0 日大藤沢高(神奈川)
決勝 4-2(延長)前橋育英高(群馬)
【13年度 第92回(準優勝)】
2回戦 5-0 一条高(奈良)
3回戦 0-0(PK5-4)玉野光南高(岡山)
準々決勝 0-0(PK3-0)修徳高(東京A)
準決勝 4-0 京都橘高(京都)
決勝 2-3(延長)富山一高(富山)
【12年度 第91回(4強】
2回戦 2-0 松山工高(愛媛)
3回戦 2-0 青森山田高(青森)
準々決勝 1-1(PK5-4)東海大仰星高(大阪)
準決勝 2-2(PK3-4)鵬翔高(宮崎)
【11年度 第90回(1回戦敗退)】
1回戦 1-3 米子北高(鳥取)
【10年度 第89回(2回戦敗退)】
1回戦 2-0 徳島商高(徳島)
2回戦 0-0(PK2-4)駒澤大高(東京B)
【09年度 第88回(2回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK4-3)佐賀東高(佐賀)
2回戦 0-1 高知高(高知)
【08年度 第87回(2回戦敗退)】
2回戦 2-4 作陽高(岡山)
【07年度 第86回(1回戦敗退)】
1回戦 1-1(PK3-4)近大附高(大阪)
【06年度 第85回(8強)】
2回戦 1-0 済美高(愛媛)
3回戦 1-1(PK4-3)鹿島学園高(茨城)
準々決勝 0-2 神村学園高(鹿児島)
【05年度 第84回(2回戦敗退)】
2回戦 0-0(PK3-5)広島観音高(広島)
【04年度 第83回(4強】
2回戦 4-3 滝川二高(兵庫)
3回戦 1-0 那覇西高(沖縄)
準々決勝 1-0 前橋商高(群馬)
準決勝 2-2(PK4-5)市立船橋高(千葉)
【03年度 第82回(3回戦敗退)】
1回戦 3-2 鵬翔高(宮崎)
2回戦 4-1 南宇和高(愛媛)
3回戦 2-2(PK4-5)初芝橋本高(和歌山)
【02年度 第81回(2回戦敗退)】
2回戦 0-1 高知高(高知)
【01年度 第80回(3回戦敗退)】
1回戦 2-0 立正大淞南高(島根)
2回戦 2-1 帝京三高(山梨)
3回戦 1-4 国見高(長崎)
【00年度 第79回(3回戦敗退)】
1回戦 3-2 高松商高(香川)
2回戦 2-2(PK5-4)帝京長岡高(新潟)
3回戦 1-2 草津東高(滋賀)
【99年度 第78回(3回戦敗退)】
1回戦 3-1 日章学園高(宮崎)
2回戦 3-2 丸岡高(福井)
3回戦 0-2 帝京高(東京A)
【97年度 第76回(2回戦敗退)】
1回戦 1-0 近大和歌山高(和歌山)
2回戦 0-2 帝京高(東京A)
【96年度 第75回(2回戦敗退)】
2回戦 0-2 水口高(滋賀)
【94年度 第73回(1回戦敗退)】
1回戦 1-5 徳島市立高(徳島)
【91年度 第70回(8強)】
1回戦 2-1 大分工高(大分)
2回戦 2-1 秋田商高(秋田)
3回戦 1-1(PK4-3)青森山田高(青森)
準々決勝 0-1 国見高(長崎)
【89年度 第68回(2回戦敗退)】
2回戦 3-3(PK3-5)伝習館高(福岡)
【87年度 第66回(2回戦敗退)】
2回戦 0-2 水口高(滋賀)
【78年度 第57回(1回戦敗退)】
1回戦 0-3 清風高(大阪)
【77年度 第56回(2回戦敗退)】
1回戦 3-2 中部農林高(沖縄)
2回戦 1-6 西目農高(秋田)
【74年度 第53回(1回戦敗退)】
1回戦 0-2 徳島商高(徳島)■登録メンバーリスト
1 GK 山内友登(3年 TSV1973四日市U-15)
17 GK 田中勇輝(3年=サガン鳥栖U-15)
20 GK 加藤夕暉(2年=一宮FCジュニアユース)
2 DF 石田達己(3年=ツエーゲン金沢U-15津幡)
3 DF 井上陽向大(3年=サガン鳥栖U-15)
4 DF 山田凌平(3年=星稜中)
5 DF 中村実月(3年=サガン鳥栖U-15)
15 DF 岡田昂芽(3年=Pateo FC金沢ジュニアユース)
18 DF 中尾海世(3年=プルミエール徳島SC)
21 DF 黒田大翔(3年=グランパスみよしFC)
22 DF 小石祐也(3年=ツエーゲン金沢U-15)
23 DF 東晃大(2年=ガンバ大阪ジュニアユース)
27 DF 野口航汰(3年=前橋ジュニアユース)
28 DF 大戸翔矢(3年=FC CEDAC)
29 DF 宮村広(2年=FC SOUTHERN U-15)
6 MF 戸川期雄(3年=坂井フェニックス丸岡ジュニアユース)
7 MF 板橋由悟(3年=前橋ジュニアユース)
8 MF 前田一勇(3年=グランパスみよしFC)
10 MF 岡田伯斗(3年=Pateo FC金沢ジュニアユース)
12 MF 河合伸悟(3年=ツエーゲン金沢U-15津幡)
16 MF 福島元基(2年=RESTA FC)
19 MF 前出悠杜(3年=星稜中)
24 MF 平良大研(2年=沖縄SV U-15)
25 MF 堀口悠人(3年=星稜中)
26 MF 岡崎龍也(3年=サンフレッチェ広島FCジュニアユース)
9 FW 伊藤大雅(3年=星稜中)
11 FW 山崎陸成(3年=ツエーゲン金沢U-15)
13 FW 山下陸(2年=星稜ジュニアユースFC)
14 FW 高橋鴻太(3年=F.THREE U-15)
30 FW アッシィニュートン光明(2年=Nagoya SS)

※メンバーはJFA参照
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください