1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

出場校チーム紹介:阪南大高(大阪)

ゲキサカ / 2022年1月3日 0時57分

総合力高い阪南大高が2度目の選手権に挑戦

第100回全国高校サッカー選手権

阪南大高(大阪)
チーム紹介&注目選手↓
過去の全国大会成績↓
登録メンバーリスト↓
阪南大高関連ニュース


阪南大高写真ニュース
画▼全国大会日程
1回戦 3-0 丸岡高(福井)
2回戦 8-0 奈良育英高(奈良)
3回戦 1-3 青森山田高(青森)■出場回数
6年ぶり2回目■過去の最高成績
初戦敗退(15年度)■その他、過去の主な全国大会成績
インターハイ出場5回(最高成績3回戦)■監督
濱田豪■主将
FW鈴木章斗(3年)■今季成績
[インターハイ](全国3回戦敗退)
府決勝 2-1 大阪桐蔭高
<全国大会>
1回戦 不戦勝 中京高(岐阜)
2回戦 2-2(PK8-7)開志学園JSC高(新潟)
3回戦 3-4 神村学園高(鹿児島)
[リーグ戦]
プリンスリーグ関西2位(11勝2分5敗)
[新人戦]
-■予選成績
5回戦 5-0 山田高
6回戦 3-0 槻の木高
準々決勝 1-0 金光大阪高
準決勝 2-1 大阪産大附高
決勝 3-0 履正社高■都道府県予選決勝布陣&決勝メモ
[4-4-2]
         
      鈴木章斗 石川己純

田中大翔             松本楓悟
      稲垣大燿 櫻井文陽

保田成琉             今西一志
      西田祐悟 櫻本亜依万

        山形慈温

[決勝メモ] 
 プリンスリーグ関西で優勝争いを繰り広げていた履正社高との決勝戦。前半3分、阪南大高はCKのセカンドボールに反応したMF櫻井文陽(3年)の右足シュートが相手ハンドを誘い、PKを獲得する。これを湘南内定FW鈴木章斗(3年)が右足で決めて先制。さらに10分、FW石川己純(3年)が抜け出しから決定的な左足シュートを放つ。これは富山内定GK平尾駿輝(3年)に阻まれたが、クリアボールをMF稲垣大燿(3年)が頭に当ててゴール。阪南大高は27分にも鈴木が右足シュートを叩き込んで3-0と突き放す。前半の3点リードを維持した阪南大高が3-0で快勝。6年ぶりの選手権出場を決めた。■予選取材記者(川端暁彦記者)チーム紹介
総合力の高さ魅力。V争いの“隠れ候補”
 全国屈指の激戦区である大阪府予選をチーム力で乗り切って6年ぶりに制覇し、2度目の選手権に臨むこととなった。湘南内定FW鈴木章斗(3年)を筆頭にハイレベルな選手が揃う好チームに仕上がっているが、濱田豪監督が掲げる目標は「まず初戦突破」と慎重だ。これは前回の選手権出場時に初めての晴れ舞台に浮き足だって本来のサッカーができないまま初戦で敗れてしまった反省があるからだ。選手たちは全員が選手権初出場だが、このように指揮官やスタッフに前回出場時の経験値があることは大きい。
 技術的に秀でた選手が多いが、テクニック偏重ではなく「試合の状況を観ながら戦う」(濱田監督)ことを意識できるチームに仕上げている。後方から短く刻んでビルドアップしていくこともできれば、シンプルなロングボールを前線に当てていくダイナミックなサッカーも可能。3バックと4バック、そして割り切って引きこもる5バックまでシステムも試合の状況と相手に応じて使い分けて戦えるのも強みだろう。また主将の鈴木が「1年から3年まで垣根なく話せるし、Bチームから上がってきた選手がすぐに結果を出せるくらい層も厚い」と胸を張ったように、チーム全体の総合力の高さも魅力。大会の“隠れ候補”と言えそうだ。■予選取材記者(川端暁彦記者)注目選手
収める力と得点力抜群のエース
FW鈴木章斗(3年)
「ポーランド代表FWレヴァンドフスキに憧れるエース。難しいボールも巧みに収め、競り合いになれば相手DFを吹っ飛ばす。強烈なシュートも武器」

鋭い左足と強さ備えた注目左SB
DF保田成琉(2年)
「U-17日本高校サッカー選抜にも選ばれた注目の左SB。左足からの鋭いキックに加え、『自信がある』と語る競り合いの強さを活かし、3バックにも対応可能だ」

不可欠な名ボランチ
MF櫻井文陽(3年)
「決して派手に目立つタイプではないが、ボールを簡単に失わずに的確な展開を見せるボランチ。守備でも確実に仕事をこなす。稲垣大耀(3年)との名コンビも光る」■過去の全国大会成績
【15年度 第94回(1回戦敗退)】
1回戦 1-2 駒澤大高(東京B)
■登録メンバーリスト
1 GK 山形慈温(3年=セレッソ大阪U-15)
12 GK 松本健汰(2年=アイリスFC住吉)
21 GK 永田涼(3年=千里丘FC)
4 DF 櫻本亜依万(3年=IRIS生野SS)
5 DF 西田祐悟(3年=千里丘FC)
7 DF 保田成琉(2年=ディアブロッサ高田FC U-15)
11 DF 今西一志(2年=千里丘FC)
14 DF 鮎川岳叶(3年=ヴィッセル神戸伊丹U-15)
16 DF 小倉颯太(3年=RESC)
23 DF 矢田幸慈(3年=川上FC)
29 DF 石井大貴(3年=千里丘FC)
2 MF 津田和貴(3年=和泉FC)
3 MF 稲場塁(3年=ガンバ大阪堺ジュニアユース)
6 MF 稲垣大燿(3年=千里丘FC)
8 MF 宮崎悠大(1年=アイリスFC住吉)
10 MF 櫻井文陽(3年=千里丘FC)
18 MF 田中大翔(3年=イルソーレ小野FC)
19 MF 松本楓悟(3年=ガンバ大阪門真ジュニアユース)
20 MF 茅野裕太(1年=枚方FCマシア)
24 MF 藤井樹(2年=RIP ACE SC)
26 MF 池久保絢斗(1年=千里丘FC)
27 MF 石谷尚太郎(3年=八尾大正FC)
28 MF 脇田大和(2年=ヴィッセル神戸伊丹U-15)
30 MF 今村真也(2年=法隆寺FC U-15)
9 FW 鈴木章斗(3年=ガンバ大阪ジュニアユース)
13 FW 辻翔真(3年=八尾大正FC)
15 FW 菊川泰河(2年=大阪市ジュネッスFC)
17 FW 石川己純(3年=ヴィッセル神戸U-15)
22 FW 大野秀斗(3年=ガンバ大阪堺ジュニアユース)
25 FW 辰巳悠河(2年=ディアブロッサ高田FC U-15)

※メンバーはJFA参照
▼関連リンク
●【特設】高校選手権2021
▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください