1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

久保建英、古巣ビジャレアル戦で途中交代…元同僚にサイド崩され失点重ねる

ゲキサカ / 2022年1月23日 2時16分

MF久保建英とDFアルフォンソ・ペドラサ

[1.22 ラ・リーガ第22節 ビジャレアル3-0マジョルカ]

 ラ・リーガは22日、第22節を行い、MF久保建英所属のマジョルカはビジャレアルに0-2で敗れた。久保は昨季半年間だけ所属していた古巣との対戦となったが、見せ場をつくることはできないまま後半24分に途中交代した。

 久保は今月15日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)エスパニョール戦(○2-1)で直接FKからゴールを決め、今季2ゴール目を記録。スペイン移籍後初の2試合連発をかけ、古巣ビジャレアルとのアウェーゲームに臨んだ。

 試合前にはウォーミングアップを行っていた久保とMFロドリゴ・バタグリアの頭部が衝突し、バタグリアが出血するトラブルが起きるも、ともに無事が確認されて先発出場。試合ではマジョルカが序盤からボールを握られる中、右サイドハーフの久保に局面の打開を託すが、なかなか決定機をもたらすことはできない。

 すると前半12分、ビジャレアルが先制。左サイドをDFアルフォンソ・ペドラサが攻め上がり、久保を振り切ってクロスを上げると、DFフランコ・ルッソのクリアボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールが決まった。久保は元同僚のドリブル突破を止め切れず、失点に絡んでしまった。

 さらにビジャレアルは前半33分、またしてもペドラサが深い位置をえぐると、今度は折り返しのボールを供給。ニアサイドに入り込んだMFマヌ・トリゲロスが左足で突き刺し、リードを2点に広げた。久保はその後、幅広いポジションに顔を出して相手をいなす場面もあったが、周囲と良い連動を見せることはできなかった。。

 そうして迎えた後半24分、マジョルカは久保に代わってMFイ・ガンインを投入。その後も状況は好転せず、同41分にはビジャレアルFWニコラス・ジャクソンがエリア内で倒されてPKを獲得する。ここでルッソは2枚目のイエローカードで退場。このPKをMFダニエル・パレホが落ち着いて決め、3-0でタイムアップを迎えた。

 ラ・リーガはここから国際Aマッチデーへ。久保は日本代表としてカタールW杯アジア最終予選2試合に臨む。
●海外組ガイド
●ラ・リーガ2021-22特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください