1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

“対戦相手”から胴上げされた女子選手…感動的光景に「これぞフットボール」

ゲキサカ / 2022年1月24日 22時38分

2年ぶりの復帰を果たしたMFバージニア・トレシージャ

 脳腫瘍の手術を受けたアトレティコ・マドリー女子のMFバージニア・トレシージャが2年ぶりに試合に復帰。試合後には感動的な胴上げが行われた。英紙『サン』が伝えている。

 現在、27歳のトレシージャはスペイン代表としてもプレー。しかし、20年に脳腫瘍と診断されて手術を行い、その後は闘病生活を送った。だが、23日に行われたスペインスーパー杯決勝のバルセロナ女子戦で、後半40分にピッチへと送り込まれ、キャプテンマークを巻いてプレーした。

 試合には0-7と敗れたものの、2年ぶりの復帰を果たしたトレシージャには忘れられない試合となったようだ。試合後には、かつて在籍したバルセロナの選手たちに囲まれて胴上げも行われ、『ESPN』は「これぞフットボール」とコメント。

 トレシージャはクラブの公式ツイッターで「ここにいて、仲間とすべてを分かち合うことができて、とても幸せです。クラブに感謝しなければならない。彼らはいつも一緒にいてくれた。これは私へのご褒美です。ロッカールームとピッチにいられることは、とても特別なことです」と感謝と喜びを伝えている。
La Supercopa no ha estat l’única victòria d’avui @virginiiiaTr pic.twitter.com/fJf8CJIiWS— FC Barcelona Femení (@FCBfemeni) January 23, 2022

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください