1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

旭川実のGK共闘…イルングが大怪我から復帰、控えに回った“横浜FM・Y完封”GK越後「全力でサポートしたい」

ゲキサカ / 2023年11月14日 17時21分

旭川実高のGKイルング侑良(左)とGK越後紀一

[10.28 選手権北海道予選準決勝 旭川実3-0札幌大谷 札幌厚別]

 あいつがいたから頑張れた。「自分が後期から出るようになって悔しいと思うけど、いつも支えてくれている。紀一の分も頑張って、2冠を取れるように、選手権で全国に行けるように頑張りたいです」。GKイルング侑良(3年)はGK越後紀一(3年)との共闘を誓った。

 旭川実には今季、レギュラー争いをする2人のGKがいる。ケニア人の父と日本人の母の間に生まれたイルングは、身長190cmに迫る長身GK。しかし昨年も選手権予選でゴールマウスを守ったが、12月にあったプレミアリーグ参入戦の直前に右ひざ半月板を損傷。全治8か月の大怪我を負ってしまった。

 そこでイルングの怪我をカバーしたのが、越後だった。プレミア参入戦決勝戦では京都サンガF.C.U-18の猛攻を無失点で封じると、PK戦でも1本をストップ。プレミアリーグ昇格へと導くと、今シーズン開幕戦では横浜F・マリノスユースを完封して、波乱を演じる立役者となった。

 しかしGKというポジションは1人しか先発できない。地元開催のインターハイまで越後が出場したが、9月のプレミアリーグ再開とともにイルングが復帰。越後が控えに回ることになった。

 ただそこで越後が腐ることはなかったという。「いつも頑張ってサポートしているし、越後がいなかったらプレミアは間違いなく上がれていない」。立場を受け入れ、全力でサポートに徹する姿に、富居徹雄監督も感心するしかないようだ。

 2人の物語も最終章。高校卒業後は別々の道に進むことになり、イルングは道外の強豪大に進学してサッカーを続けるが、越後は理容師になるための学校に進むつもりだという。すでにチームメイトの散髪をして「練習」していると笑う越後は、「自分ももちろん出たい気持ちはありますが、イルングのほうが自分より背も高いし、能力もある。悔しいけど、全然任せています。出るときは全力でプレーして、出ないときは全力でサポートすると決めている。だからチームが全国に行けるように、全力でサポートしたいです」と笑顔で話した。

(取材・文 児玉幸洋)●第102回全国高校サッカー選手権特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください