1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

復帰のL・ディアスが後半AT同点弾…ルートンに苦戦のリバプール、辛うじてドローに持ち込む

ゲキサカ / 2023年11月6日 8時54分

同点ゴールを奪ったリバプールFWルイス・ディアス

[11.5 プレミアリーグ第11節 ルートン・タウン 1-1 リバプール]

 プレミアリーグは5日、第11節を開催。日本代表MF遠藤航が所属するリバプールがルートン・タウンのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。ベンチ入りした遠藤の出番はなかった。

 公式戦4連勝中のリバプールは、両親の誘拐被害による影響を受けて欠場が続いたFWルイス・ディアスがベンチに復帰。遠藤がベンチスタートとなった中盤はMFライアン・フラーフェンベルフ、MFドミニク・ショボスライ、MFアレクシス・マック・アリスターが形成することとなった。

 前半13分にリバプールがゴールに迫る。ハーフウェーライン付近からDFトレント・アレクサンダー・アーノルドが送ったロングパスでPA内に進入したFWダルウィン・ヌニェスが右足で狙うも、シュートはクロスバーを叩いてしまう。

 その後も攻勢をかけるリバプールはヌニェスやFWディオゴ・ジョタがゴールを脅かすも、GKトーマス・カミンスキに阻まれてネットを揺らすには至らず。0-0のまま後半を迎えると、25分に決定機。FWモハメド・サラーの落としに反応し、ゴール前でフリーになったヌニェスが狙ったが、右足で合わせたシュートは枠を外れてしまった。

 すると、後半35分、リバプールのCKをはね返したルートン・タウンがカウンターを発動。右サイドでボールを受けたDFイッサ・カボレのグラウンダーのクロスに走り込んだMFタヒス・チョンが押し込み、耐える時間が続いていたルートン・タウンが試合を動かす。

 1点のビハインドを背負ったリバプールは38分にL・ディアスをピッチへと送り込む。すると、そのL・ディアスが大仕事。45+5分、右サイドからMFハービー・エリオットが送ったクロスにファーサイドで反応すると、打点の高いヘディングで押し込み、リバプールが1-1のドローに持ち込んだ。●海外組ガイド●プレミアリーグ2023-24特集▼久保建英、三笘薫らが欧州での戦いに挑む!CL&ELはWOWOWで放送・配信!無料トライアルも実施中!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください