1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

久保建英が2ゴール起点に!! ソシエダ、クラブ史上初のCL3連勝

ゲキサカ / 2023年11月9日 4時43分

MFミケル・メリノが先制ゴール

[11.8 欧州CLグループD第4節 ソシエダ 3-1 ベンフィカ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は8日、グループリーグ第4節を各地で行い、MF久保建英所属のソシエダがベンフィカ(ポルトガル)を3-1で破った。現行の欧州CLではクラブ史上初の3連勝を果たし、2003–04シーズン以来20季ぶりのグループリーグ突破に大きく前進。久保は右ウイングで先発出場して2ゴールの起点となり、後半25分までプレーした。

 ソシエダは2勝1分の無敗、ベンフィカは3戦全敗で迎えた欧州CL第4節。久保は欧州CLで4試合連続の先発出場となった。一方のベンフィカはパリ五輪世代のU-22日本代表GK小久保玲央ブライアンが今大会3度目のベンチ入りを果たした。

 試合は前半6分、早々に動いた。ソシエダは久保が右CKをショートで出すと、MFアンデル・バレネチェアからのリターンを受け、エリア右外のスペースを打開。右足でバックパスを戻し、バレネチェアが右足アウトサイドでクロスを入れると、相手のクリアを拾ったDFアイエン・ムニョスが果敢に左足ボレーで狙う。これはうまくミートせず、バウンドしながら枠を外れそうだったが、飛び込んだMFミケル・メリノが頭で押し込んだ。

 さらにソシエダは前半11分、ベンフィカのビルドアップに対して前線からプレッシャーをかけると、MFフロレンティーノ・ルイスのバックパスをFWミケル・オヤルサバルがインターセプト。そのままゴール前まで走り込むと、最後はGKアナトリー・トルービンとの1対1を制して左足で流し込み、追加点を奪った。

 なおも止まらないソシエダは前半21分、右サイドの大外でボールを持った久保が縦に仕掛けると見せかけ、ドリブルで切り返すと、3人を引きつけながら中央に鋭くカットインし、M・メリノに預ける。メリノは冷静なターンから左に展開し、これを受けたバレネチェアがシュートフェイントから右足一閃。豪快にネットに突き刺し、3-0とした。

 ソシエダは前半27分、MFブライス・メンデスの浮き球スルーパスに抜け出したバレネチェアが深い位置まで持ち運び、ペナルティエリア内にパスを入れると、オヤルサバルが相手DFに倒されてPKを獲得。ところが、B・メンデスのキックは左ポストに当たり、4点目とはならなかった。前半はそのままタイムアップ。ソシエダが3点リードをキープした。

 それでも後半4分、ベンフィカもさっそく反撃を見せた。MFダビド・ユラセクがペナルティエリア際で身体を張ってボールをキープし、ルーズボールを拾ったFWアルトゥール・カブラウが左に渡すと、DFニコラス・オタメンディがエリア内でワンタッチパス。これに反応したFWラファ・シルバが左足で流し込み、1点を返した。ここまで3試合連続ノーゴールだったベンフィカはこれが今大会初ゴールとなった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください