1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

[MOM4524]静岡学園FW庄大空(3年)_プレミアは登録外。“遅れてきた新星”が静岡決勝で1G1A、得点王とベスト11も

ゲキサカ / 2023年11月16日 14時29分

前半15分、静岡学園高FW庄大空(3年=大阪東淀川FC出身)が先制ゴールを喜ぶ

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.11 選手権静岡県予選決勝 静岡学園高 2-1 藤枝東高 エコパ]

 トップチームに上がったのは選手権予選開幕前。それまでセカンドチームで活動していたFWが静岡決勝で輝いた。静岡学園高FW庄大空(3年=大阪東淀川FC出身)は1ゴール1アシストの活躍。川口修監督が「一発目のゴールは凄く良かったし、ドリブルで切れ込んでスルーパスも良かった」とマン・オブ・ザ・マッチに推すパフォーマンスをしてのけた。

 セカンドチームでは主に右サイド。今大会はFWでもプレーしていたが、この日は左サイドで躍動した。「ドリブルで2、3枚剥がしていくところやキープ力は見て欲しい」と語る庄は、立ち上がりからドリブルで果敢な仕掛け。相手を押し込むと、前半15分に鮮やかな一撃を決めた。

 味方の奪い返しからペナルティーアークの後方でボールを受ける。すると、距離を詰めてきた相手DFを右への動きで外し、迷わずに右足を振り抜く。「序盤くらいやったんで、シュートを意識していた。良い感じにいって良かったです」。ややインフロントにかけて放った一撃はゴール右隅へ吸い込まれた。

 ファインゴールに庄と静岡学園イレブンは喜びを爆発。チームはその後同点に追いつかれたものの、庄は後半26分に再び大仕事をしてのけた。敵陣中央でタイミング良くボールを受けると、右への動きからPAへスルーパス。「高田から受けてフリーだったので最初シュート打とうかなと思ったんですけれども、宮嵜が良い感じで流れてくれたので、スルーパスを出すだけでした」。ドリブル同様に得意だという味方を活かす動き。これでFW宮嵜隆之介(3年)の決勝点をアシストした。

 大舞台で活躍した庄だが、プレミアリーグWESTの登録リストに名前は無い。この秋に入るまでセカンドチームにいたためだ。新チーム結成当初に腰を痛めて離脱。今年4月に復帰し、セカンドチームが戦うプリンスリーグ東海で結果も残したが、トップチームは遠かった。

「苦しい時期だったんですけれども、静学のコーチやお母さん、お父さんだったりが励ましてくれた」こともあって努力を継続。プリンスリーグで得意のドリブルをさらに磨いたというFWはチーム内選考でアピールに成功し、トップチームの一員として選手権予選を戦うチャンスを得た。

 そして、今大会は3得点で得点王(他4名)を獲得し、ベストイレブンも受賞。「やりました(微笑)」。川口監督も「庄がラッキーボーイというか成長してくれた。今大会でだいぶ成長した。元々技術はあるんですけれども、ゴール前やフィニッシュのところが課題だった。大会で試合しながら成長していった選手」と賞賛する活躍だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください