1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

異例のGK途中交代で父に続くA代表デビュー! 前川黛也「ノータッチだったけど…」大声で全うした責務

ゲキサカ / 2023年11月17日 2時48分

A代表デビューのGK前川黛也(神戸)

[11.16 W杯2次予選第1節 日本 5-0 ミャンマー パナスタ]

 初招集から2年半越しの日本代表デビューは、珍しいシチュエーションで訪れた。4-0で迎えた後半36分、森保一監督はここまで無失点だったGK大迫敬介に代わってGK前川黛也(神戸)を投入。アクシデントではない形でGKが代わるのは異例だが、指揮官は自信を持って送り出していた。

 試合後、森保監督は記者会見で起用に踏み切った理由を明かした。

「前川はこれまでも招集させていただいていたが、出場のチャンスを与えてあげられなかった中、トレーニングでも非常にいいパフォーマンスを見せてくれていたし、どこかでチャンスをあげることができればと思っていた。選手としてはスタートから出ることを一番望んでいると思うが、W杯アジア予選の緊張感がある中、短い時間だけど試合に出てもらうことが本人がこれまで見せてくれたプレーに対する評価につながればいいと思った」

「チームとしても無失点で勝ち切って行きたいなか、プレゼントで出場資格を与えるつもりはなく、無失点でチームに貢献してくれるというプレーを練習で見させてもらったのが非常に大きかった。所属チームで、Jリーグで優勝を目指して戦っているチームの守護神としてしっかり結果を出しているので、この代表の舞台でプレーする権利があると思い、今日の出場に至った」

 前川によると、試合前には起用の構想を告げられておらず、ウォーミングアップ中の呼び出しで出場を知った。それでもユニフォームに着替えた守護神に動揺はなかった。「ああいう状況こそ事故があるので、油断できないところだと思う。しっかり僕から声をかけ続けることが大事だなと思っていた」。ピッチに立った時点から大声でのコーチングに尽力。一方的な攻勢の中でリスクマネジメントに務める守備陣を後方から支えた。

 結果的に守備機会はなく、ようやくボールに触れたのはタイムアップの笛が鳴った直後、相手のクリアが流れてきてからのことだった。約10分間、ボールタッチなしでのA代表デビュー。それでも前川は「代表で日の丸を背負ってピッチに立てたことは素直に嬉しい。ノータッチではあったけど、触らないところでも貢献できることはたくさんある。無失点で終えられるように努めた」と振り返り、「欲を言えばキーパーがシュートを止めるというところでの貢献をしたいのはもちろんだけど、触らなくても声を出し続けることであったり、難しい試合ではあったのでどんな形でも勝利に貢献することが大事」と責務を全うしたことを誇った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください