1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

アルゼンチン、敵地でブラジル下して首位キープ…“王国”はまさかの3連敗で6位後退:南米予選第6節

ゲキサカ / 2023年11月22日 20時15分

アルゼンチン代表が敵地でブラジルに勝利

 北中米ワールドカップ(W杯)南米予選の第6節が22日に開催された。南米予選には10チームが参加し、上位6チームが本大会出場権を獲得。7位チームが大陸間プレーオフに出場する。

 前節ウルグアイに敗れて今予選初黒星を喫した首位のアルゼンチン代表と2連敗中で5位のブラジル代表が激突。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半18分にDFニコラス・オタメンディの得点で先制したアルゼンチンが逃げ切り、敵地で1-0の完封勝利を収めた。アルゼンチンは首位をキープし、ブラジルはまさかの3連敗を喫して6位に後退した。

 ブラジル、アルゼンチンを連破して勢いに乗る2位のウルグアイ代表はボリビア代表と対戦。FWダルウィン・ヌニェスの2得点とオウンゴールにより、3-0の完封勝利を収めたウルグアイが2位をキープしてアルゼンチンを追走する。

 その他の試合では、コロンビア代表がパラグアイ代表に1-0の完封勝利を収めて3位維持。エクアドル代表がチリ代表に1-0で勝利し、ペルー代表とベネズエラ代表の一戦は1-1のドローに終わっている。

 以下、第6節の結果

(2023年11月22日)
パラグアイ 0-1 コロンビア
エクアドル 1-0 チリ
ウルグアイ 3-0 ボリビア
ブラジル 0-1 アルゼンチン
ペルー 1-1 ベネズエラ●北中米W杯南米予選特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください