1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

横浜FMが新潟と痛恨のスコアレスドロー…神戸はあす勝利すると初優勝が決定

ゲキサカ / 2023年11月24日 20時59分

横浜FMと新潟がドロー

[11.24 J1第33節 横浜FM 0-0 新潟 日産ス]

 J1リーグは24日に第33節を行った。横浜F・マリノスとアルビレックス新潟の対戦は、0-0でドローに終わった。引き分けた2位・横浜FMは首位・ヴィッセル神戸と勝ち点1差。神戸があす名古屋グランパスに勝利すると、1試合を残して初優勝が確定する。

 2試合を残して首位・神戸と勝ち点2差がついている2位・横浜FM。4連勝を目指して4-2-1-3の布陣を敷く。GKは一森純、4バックは左からDF吉尾海夏、DFエドゥアルド、DF角田涼太朗、DF松原健。ボランチ2人はMF喜田拓也とMF山根陸。トップ下にMFナム・テヒで、前線3人は左からFWエウベル、FWアンデルソン・ロペス、FWヤン・マテウスが並んだ。

 一桁順位への浮上を狙う新潟。7試合無敗(3勝4分)を継続するべく、配置した布陣は4-2-3-1。GKは小島亨介、4バックは左からDF新井直人、DF渡邊泰基、DFトーマス・デン、DF藤原奏哉。ボランチ2人はMF秋山裕紀とMF高宇洋。2列目は左からMF小見洋太、MF高木善朗、MF太田修介で、1トップはFW鈴木孝司が入った。[両スタメン&布陣]

 横浜FMが序盤から新潟のゴールに迫る。前半2分にエウベルが左足シュートを放つが、ゴール枠内を捉えない。同6分にはCKのこぼれ球から松原がシュートを打つも、GK小島の正面に収まった。新潟も同8分にカウンターを仕掛ける。小見が左サイドでボールを奪い、すばやく展開。右サイドの太田がカットインから左足シュートを放つが、相手のブロックに遭った。

 カウンターを狙われる横浜FMは前半22分、喜田が鈴木の突破を止めてしまい、警告を受ける。喜田は累積警告で最終節が出場停止となった。さらに、同39分には顎を骨折していた角田が敵陣内での競り合いで倒れ込む。右目が腫れた状態でそのままプレーを続行した。

 前半の終盤には横浜FMが猛攻を仕掛けるが、いずれのシュートもGK小島にセーブされる。攻める横浜FMと守る新潟の図は崩れることなく、スコアレスで後半に折り返した。

 新潟は後半4分に鈴木が負傷し、交代カードを切る。FW谷口海斗が途中出場した。同6分にはピンチを迎える。Y・マテウスのクロスからファーサイドのゴール前でエウベルにヘディングシュートを打たれるが、またしてもGK小島の好反応で防ぎ切った。逆に11分には決定機を作り、太田、高木とつないだパスからPA右で小見が右足シュート。しかし、ゴール上に外れた。

 勝ち点3がほしい横浜FMは後半19分に3枚替え。喜田、吉尾・ナム・テヒを下げ、MF渡辺皓太、DF上島拓巳、FW西村拓真が投入される。角田が左SBに移動し、上島が右CBに入った。同24分にはアルビレックス新潟も2枚替え。高木と太田に代えて、FW長倉幹樹とMF三戸舜介が出場した。

 攻撃力が増した新潟は横浜FMと一進一退の攻防を繰り広げる。横浜FMはさらに後半38分にY・マテウスとエウベルを下げ、FW宮市亮とMF水沼宏太を入れ、カードを使い切った。

 終盤に入ると、新潟は右サイドの三戸を中心に猛攻を仕掛ける。だが、フィニッシュまで持ち込めない。一方、横浜FMも宮市が決定機を作るが、GK小島の壁を突破できない。試合はそのまま終了し、0-0でスコアレスドロー。横浜FMにとって痛すぎる引き分けとなった。

(取材・文 石川祐介)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!●2023シーズンJリーグ特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください