1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

横浜FCのJ2降格がほぼ確定…落胆の四方田監督「現実として受け止めている」

ゲキサカ / 2023年11月25日 20時19分

四方田修平監督

[11.25 J1第33節 横浜FC 0-1 湘南 ニッパツ]

 最終節を残し、J1残留が絶望的となった。横浜FCは残留に近づくための大一番で湘南ベルマーレに敗戦。四方田修平監督は試合後、「J1残留という目標が非常に厳しい状況になったのは、現実として受け止めている。だが、残り1試合、大事な最終戦が残っているので、横浜FCとしてのプライド、意地をしっかり持って勝ち点3を目指してしっかり戦いたい」と気持ちの整理をつけていた。

 最下位・横浜FCと17位・湘南のJ1残留を懸けた直接対決となった。横浜FCは勝利すれば降格圏内を脱出できる一方、条件次第では今節で降格が決まる可能性もあった。前半45分間は拮抗した展開が続く。横浜FCが球際で強さを見せ、湘南のアグレッシブさを封じる。「前半は内容的にはいいゲームができた」(四方田監督)。スコアレスのまま後半に折り返した。

 しかし、後半4分に失点を喫する。セットプレーの流れから一瞬の隙を突かれた。その後、横浜FCも攻勢を強めるが、湘南に空いたスペースの裏まで突破を許す。「(裏のスペースで)起点を作られた。もっと押し込んで逆にチャンスを作りたかったが、思ったようなチャンスは増やせなかった」(四方田監督)。途中投入でリズムを変えるドリブラーMF近藤友喜の投入も奏功せず。「(近藤投入は)今日の試合はしっかり抑えられてしまった。いままで出していたような後半途中からのチャンスは思ったほど作れなかった」と振り返った。

 終盤にはサイドを起点としてパワープレーを敢行するも、0-1のまま試合終了。他会場の柏レイソルがサガン鳥栖と引き分けたため、最下位・横浜FCは1試合を残して17位・柏と勝ち点3差となった。さらに、得失点差が12ポイント差もある。横浜FCが最終節・鹿島アントラーズ戦で勝利かつ柏が名古屋グランパスに敗れ、さらに得失点差の12ポイント差を埋める大量の点差が必要という絶望的な状況となった。

 四方田監督はロッカールームで選手たちにねぎらいの言葉をかけたという。「(J1残留に向けて)選手たちが本当に全力で、苦しいときも崩れずやってきてくれた」。そして残り1試合にわずかな望みをつなぐ。「プロの選手として残り1試合、鹿島との最終戦を横浜FCとしてのプライドをしっかり持って、しっかり戦ってくるのは義務だと話しました」と力を込めた。

 今シーズン最後のホーム戦を終え、記者会見終了後には「一年間ありがとうございました」とポツリ。指揮官は悔しさをにじませながら、足早に会見場を後にした。

(取材・文 石川祐介)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!●2023シーズンJリーグ特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください