1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

昌平はゲーム主将のCB佐怒賀大門中心に守備でも青森山田に対抗。「もう少しの部分にこだわって」選手権へ

ゲキサカ / 2023年11月27日 19時40分

最終ラインの中央で奮闘した昌平高CB佐怒賀大門

[11.26 高円宮杯プレミアリーグEAST第21節 昌平高 2-2 青森山田高 昌平高G]
 
 優勝目前の首位・青森山田高からの白星こそ逃したものの、次に繋がる試合だった。昌平高はこの試合前まで、プレミアリーグEAST2試合と選手権予選3試合で公式戦5連勝。この日は、村松明人監督代行がセンスの高さを信頼してボランチ起用しているMF大谷湊斗(2年)と10番MF長準喜(3年)の小柄な技巧派コンビが予測力と競り合い含めて守備で貢献し、ゲーム主将のCB佐怒賀大門(3年)も最終ラインの中央で好守を連発していた。

 佐怒賀は、「守備範囲広く、予測持ってやって、自分がやられたら本当に失点すると思ったので、DFラインに集中力を持ってやれているかなと思っています」。中央の守りは自信を持っている部分。この日はサイドからのクロスで失点しないように意識という。その中で4バックやGK佐々木智太郎(2年)が健闘。また、奪ったボールを長や大谷が落ち着いて繋ぐなど青森山田の圧力に負けないような戦いを見せていた。

 後半は我慢の時間帯が続いたものの、無失点を維持。そして、後半38分の先制点に結びつけた。だが、2点を先取しながら後半45分からの連続失点でドロー。佐怒賀は「(後半の劣勢の時間帯はGK佐々木)智太郎とかに助けられたので、そこで失点しなかったのは良かったけれど、もっと突き詰めていきたい。甘さ、勝負弱さがあるなと思ったので選手権までにゴール前の守備などそこの課題に持ってやりたい」と語った。

 10月から監督代行を務める村松コーチは、それまでの固定化されていたトレーニングメニューを一新。選手たちがトレーニングの中で考えることを促進し、その中で守備意識も高めていった。この日は青森山田相手にも各選手がコンタクトに行き、自分たちのスキルの高さも随所に発揮。選手たちに自信をもたらす戦いだった。

 佐怒賀は、「攻撃も守備も両方連動できて、声を掛け合って、まとまって勝利に貪欲になってできているし、きょうもそこが表れたかなと思っているので、もう少しの部分にこだわってやっていきたい」。CB 石川穂高主将(3年)が怪我による長期離脱という難局でチームが一体感を持って成長中。加えて、同じく長期離脱していた注目SB上原悠都(2年)が間もなく復帰する。村松監督代行は「もう1か月あれば成長できると思う」。ここからの1か月で自力をつけ、激戦ブロックに入った選手権で勝ち上がる。

(取材・文 吉田太郎)
●高円宮杯プレミアリーグ2023特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください