1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

アーセナル&PSVが16強入り! セビージャのS・ラモスは最年長得点記録を更新:CL第5節2日目

ゲキサカ / 2023年11月30日 9時34分

アーセナルに次ぐ2位でベスト16進出を決めたPSV

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第5節2日目が29日に各地で行われた。

 グループAでは、すでに首位通過を決めているバイエルンが2位コペンハーゲンと0-0、3位ガラタサライが4位マンチェスター・ユナイテッドと3-3のドロー。この結果、2位コペンハーゲンが勝ち点5、3位ガラタサライが勝ち点5、4位ユナイテッドが勝ち点4と差は変わらず、混戦のまま12月12日の最終節を迎えることになった。最終節ではユナイテッドとバイエルン、コペンハーゲンとガラタサライがそれぞれ対戦する。

 グループB首位のアーセナルは3位RCランスに6-0で大勝。7シーズンぶりの欧州CLで首位として決勝トーナメント進出を決めた。スタメン出場のDF冨安健洋は2アシストで貢献し、ハーフタイムまでプレー。また、2位PSVも4位セビージャを3-2で下し、2位通過を確定させている。セビージャのDFセルヒオ・ラモスは37歳244日で得点を挙げ、大会史上最年長のスペイン人得点者となった。

 すでにグループC突破が決定している首位レアル・マドリーは、2位ナポリを4-2で撃破。首位通過も確定させた。3位ブラガと4位ウニオン・ベルリンは1-1の引き分けに終わったため、2位ナポリと3位ブラガのポイント差は3のままとなっている。

 グループDでは首位ソシエダと2位インテルがベスト16進出を決めている中、ソシエダは3位ザルツブルクと0-0、インテルは4位ベンフィカと3-3のドロー。ベンチスタートのソシエダMF久保建英は後半29分に途中出場した。ソシエダは首位通過を懸け、12月12日の最終節でインテルとの直接対決に臨む。

以下、試合結果&順位表

[グループA]
1.☆バイエルン(13)+5
2.コペンハーゲン(5)-1
3.ガラタサライ(5)-2
4.マンチェスター・U(4)-2

ガラタサライ 3-3 マンチェスター・U
バイエルン 0-0 コペンハーゲン

[グループB]
1.☆アーセナル(12)+12
2.☆PSV(8)-2
3.RCランス(5)-6
4.セビージャ(2)-4

セビージャ 2-3 PSV
アーセナル 6-0 RCランス

[グループC]
1.☆R・マドリー(15)+8
2.ナポリ(7)-1
3.ブラガ(4)-4
4.ウニオン・ベルリン(2)-3

R・マドリー 4-2 ナポリ
ブラガ 1-1 ウニオン・ベルリン

[グループD]
1.☆ソシエダ(11)+5
2.☆インテル(11)+3
3.ザルツブルク(4)-2
4.ベンフィカ(1)-6

ベンフィカ 3-3 インテル
ソシエダ 0-0 ザルツブルク●チャンピオンズリーグ(CL)23-24特集●海外組ガイド●プレミアリーグ2023-24特集●ラ・リーガ2023-24特集●オランダ・エールディビジ2023-24特集▶久保建英、三笘薫ら日本代表選手が欧州での戦いに挑む!CL&ELはWOWOWで放送・配信!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください