残留か独立か…元SMAP草なぎ剛の“異変”の裏に複雑な胸中

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年5月20日 9時26分

写真

ジャニーズ事務所との契約更改時期が迫っている(C)日刊ゲンダイ

 元SMAPの草なぎ剛(42)がおかしい。子犬を抱きながら都内の路上にへたりこみ、目元をぬぐう様子を、発売中のフライデーが報じている。どうやら、最近飼い始めた愛犬と散歩をしていたようだが、元「SMAP」のオーラはほとんど感じられなかったという。

 草なぎをめぐっては、ほかにも目撃談が相次いでいる。東京・六本木にある超高級マンションに住んでいるのだが、その近辺で、改造ハーレーにまたがり、爆走する姿が何度も見られている。SMAP解散前は、その姿が一般に目撃されることがあまりなかっただけに、一体何があったのか。

 元SMAPメンバーでは、香取慎吾(40)が2歳年上の恋人と一緒にいる様子や、自分の子供のように愛する少年と遊園地で遊ぶ様子がキャッチされている。香取も解散前はほとんどプライベート情報が出てこなかっただけに、さまざまな臆測を呼んでいた。

■ジャニーズ退社の決断迫る

 こうした“異変”の背景にあるのは、ジャニーズ事務所との契約問題だろう。毎年9月に契約更改があるのだが、更新するかどうかの意思表示を、3カ月前の6月にしなければならない。その期限が目の前に迫っているのだ。

 当初は木村拓哉(44)以外の元メンバー4人が事務所を退社し、独立するのではないかとみられていた。だが、ここにきて中居正広(44)が“残留”するのではとの見方も出てきている。独立する“リスク”を考えれば、元メンバーたちの心情が揺れるのは当たり前だろう。

「焦点は香取と草なぎの動向です。仲のいい2人だけに、香取が辞めるとなれば、草なぎもセットでついていくとみられています。ただし、独立となれば、その後のテレビへの出演はどうなるかわからない。草なぎは主演するテレ朝のドラマ『スペシャリスト』の新シリーズも控えています。それが独立で“飛ぶ”可能性だってある。悩むのは当然でしょう」(芸能リポーター)

 愛犬だけが草なぎの複雑な胸中を知るのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITAL

トピックスRSS

ランキング