ドラマ「監獄のお姫さま」好調理由は小泉今日子の“おばちゃん”効果

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年10月27日 9時26分

写真

豪華女優がクドカンワールドを盛り上げる(C)日刊ゲンダイ

 小泉今日子(51)主演のドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)が順調な滑り出しを見せている。

 火曜10時のいわゆる「逃げ恥」枠で、宮藤官九郎(47)が脚本を手がける「おばちゃん犯罪エンターテインメント」。視聴率は初回、第2話と続けて9.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。初回は放送時間拡大、2回目からは通常に戻るため、落ち込むことが多いが、変わらず視聴者のココロをつかんでいる。

 物語は、女子刑務所に収監されていた小泉今日子、森下愛子(59)、菅野美穂(40)、坂井真紀(47)ら元女囚仲間と看守の満島ひかり(31)らが共謀して、伊勢谷友介(41)演じるイケメン社長を誘拐するところから始まり、次第に彼女たちのプロフィルが明かされる。

 小泉が連発する「なんかワチャワチャしちゃうのよ」や「オバサンって言うな」など、“おばちゃん”ワードは早くも話題になっている。コラムニストの桧山珠美氏がこう分析する。

「クドカン(宮藤)が『あまちゃん』で培った、次回を期待させるテクニックが視聴者を逃がさなかったのだと思います。女子刑務所は視聴者の知らない世界で、ある意味クドカンワールドが作りやすい場所。泉ピン子の『女子刑務所シリーズ』をパロディーしたり、元アイドルをあえて“おばちゃん扱い”して引き付けるのもさすが。かと思えば、キョンキョンの往年のアイドルらしい表情も盛り込んで、中年男性の心もわしづかみです。クドカン作品は爆発的ヒットでなくても、あとから話題になってドラマDVDが人気になることも多い。視聴率以上にオイシイといえます」

 小泉語録は「じぇじぇじぇ」並みにヒットするか。

日刊ゲンダイDIGITAL

トピックスRSS

ランキング