今季いまだ未勝利…あるか中日エース大野雄の電撃トレード

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年6月7日 12時0分

写真

実力は十分も…(C)日刊ゲンダイ

 球宴のファン投票で1位に浮上するなど、松坂大輔の話題で持ちきりの中日で、めっきり影が薄くなってしまった。13年から3年連続2ケタ勝利を挙げているエースの大野雄大(29)である。

 今季はオープン戦の不調で開幕ローテから外れ、二軍スタート。一軍昇格後も2試合で0勝1敗、防御率11.57と精彩を欠いている。

 昨季はチームで唯一、規定投球回をクリアしたものの、7勝(8敗)止まりで防御率は4.02。大野雄の不振がチーム低迷の大きな要因になっている。

「昨年は開幕投手を外され、今年は初登板となった4月25日の巨人戦で4回5失点と炎上するや、即刻二軍に落とされた。エースどころか主力の扱いを受けていない。昨年もトレード話が浮上したことから、『いよいよ放出もあるのでは』と囁かれている。中日は下位に低迷。特にリリーフ投手の補強は急務で、長打が打てる若手も少ない」(中日OB)

 大野雄は年俸8000万円と決して安くはないし、早ければ来オフにも国内FA権を取得する。それでも、まがりなりにも中日の元左腕エース。他球団は継続して調査を進めているという。前出のOBがこう話す。

「候補の一つは森監督の古巣でホットラインがある西武。強力打線のおかげで首位を走るも、投手陣に不安を抱えている。日本ハムもあり得る。先発投手は上沢らリーグ屈指ながら、左腕は加藤くらい。日本ハムとは昨季途中に3対3のトレードが浮上し、結果的に谷元を金銭トレードで獲得した。昨オフ、大野奨をFAで獲得した際に、人的補償として岩瀬の名前が浮上したが立ち消えとなり、金銭補償になった。中日は日本ハムに“借り”をつくった形になっています」

 その大野雄は去る4日に一軍に合流。8日からのソフトバンク戦での先発が浮上している。パ相手に好投すれば、さらに株は上がりそうだが……。


日刊ゲンダイDIGITAL

トピックスRSS

ランキング