森保ジャパンはなぜ不人気? ベネズエラ戦もようやく完売

日刊ゲンダイDIGITAL / 2018年11月16日 12時0分

写真

会見をする森保監督(C)Norio ROKUKAWA/office La Strada

 どうにもこうにも盛り上がりに欠けている。

 16日にキリンチャレンジ杯・ベネズエラ戦(大分)を控えている森保ジャパンである。

 ロシアW杯後に発足した森保一監督(50)率いる日本代表は初陣のコスタリカ戦、2戦目パナマ戦、3戦目ウルグアイ戦と破竹の3連勝。20歳MF堂安律(フローニンゲン)、23歳MF南野拓実(ザルツブルク)、24歳MF中島翔哉(ポルティモネンセ)の欧州“新ご三家”もアグレッシブにプレー。それなりに注目を集めたハズだが……。

「若くてイキの良い選手はいるが、やはり本田圭佑や岡崎慎司、あと香川真司といった<サッカーに関心のない層も名前を知っている>スター選手不在が響いている。ベネズエラ戦のチケットは地元県協会やスポンサー企業の懸命の努力もあって試合前日の15日に“ようやく”完売したが、つい3日ほど前に大分市内の金券屋に売りに出されたチケットが話題になっている。たとえば5700円のカテゴリー2のチケットが、定価を大きく下回る3000円で売られており、6枚連番のチケットもあった。森保ジャパンの不人気ぶりエピソードとして、メディア業界でも話題になっている」(放送関係者)

 15日には公式会見が行われ、森保監督は「選手の個の良さを出しながら戦いの質を上げたい」と話した。一部から「せめて指揮官がハデなことを言ってくれたら」という声も聞こえてくるが……。

日刊ゲンダイDIGITAL

トピックスRSS

ランキング