完全アウェーなんの 加藤美優は卓球世界選手権3回戦進出

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月24日 12時1分

写真

加藤美優(C)共同通信社

 卓球の世界選手権(ブダペスト)は23日(現地時間)、男女シングルスの本戦が開幕。女子7位の伊藤美誠(18)、石川佳純(26)ら、女子5選手が揃って3回戦進出を決めた。

 完全アウェーの中、苦戦を強いられたのが世界22位の加藤美優(20)だ。地元ハンガリーのパーゲル(30)との2回戦では、相手の心理的な揺さぶりにあった。パーゲルに序盤から、何かとクレームをつけられ、得意とするサーブでも因縁をつけられた。加藤が試合の流れを掴みかけると、パーゲルは地元ファンの同情を誘うかのように突然、号泣。微妙な判定には、スタンドのファンからブーイングが飛ぶなど、スタンドを敵に回す中、4―1で振り切った。

 試合後の加藤は「(相手が)泣きだしたりクレームをつけたりして動揺した」と疲れ切った表情で話した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング