「私物化やめて」マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の“本音と忖度”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年4月24日 12時1分

写真

リスクを承知で声を上げた大迫(C)共同通信社

 大迫節が止まらない。

 23日、男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(27)が日本選手権(5月19日)1万メートル出場の選考に漏れたことをツイッターで報告。陸連強化委員から「大迫くんが日本選手権でいい走りをするとそれに負けた選手のランキングが下がり、不平不満が出るから」という理由で断られたことを明かし、「どういう選手が推薦出場に値するのかちゃんと明記して欲しい」(原文ママ、以下同)と苦言を呈した。

 また、「以前から強化委員所属チームの選手が陸連合宿に優先参加出来たり、陸連計画の遠征に参加出来たりと色々ありましたが、そろそろ陸連を私物化するのはやめた方がいいと思う」と痛烈な矢も放った。一連の発言について「公平性を担保しないと。ちゃんと伝わっていなかったようだ。誤解がある」とメディアへ説明した陸連・長距離強化担当者の言葉にも「こう言う後出しジャンケンで、もやっと煙に巻くのは辞めてもらいたい」とさらに牙をむいたのである。

 大迫は標準記録での条件をクリアしておらず、陸連が設定した条件のうち「本連盟強化委員会が特に推薦する本連盟登録競技者」という項目でしか申請できなかったわけだが、そもそも、大迫の“つぶやき爆弾”はこれまでの積もりに積もった不信感が頂点に達した結果ともいえる。

 投稿の理由を「理解し難い却下理由と規定・選考の不透明さを以前から感じていた為」と語ったように、この一件は「引き金」に過ぎない。

■過去には川内も

 大迫はかねて閉鎖的な陸連に疑問を抱いていた。低迷する日本の長距離界について、シカゴマラソンで日本記録樹立後の昨秋、本紙のインタビューでこう話していた。

「(所属する『ナイキ・オレゴン・プロジェクト』での)練習内容は日本とそこまで変わらないですが、(周囲から)足を引っ張られないですし、常に上を目指して挑戦し続けられる環境がある。必要以上に群れない。僕は日本(の陸上界を変える)というより、自分自身が変わることイコール日本の陸上界やマラソン界が変わっていくと感じている」

 大迫は2015年にプロ転向。公務員ランナーとして孤軍奮闘した川内優輝(32=今年プロ転向)に続き、実業団主導の日本陸上界に一石を投じた。

 その川内も陸連からの“被害”を訴えていた。リオ五輪マラソン代表をナショナルチームメンバーから優先的に選ぶという原則を陸連が突如撤廃。実業団には事前に伝えられていた一方、川内は報道で知り、「何回も裏切られた」とぶちまけた。

■実業団主導の世界

 今回の一件について、スポーツライターの武田薫氏はこう説明する。

「日本は五輪至上主義。陸連の頭の中はMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の成功、そして東京五輪でいっぱいです。『マラソンの看板選手である大迫には東京五輪代表を決める9月のMGCを盛り上げてほしい』、これが陸連の本音でしょう。リオ五輪の1万メートルと5000メートルで代表になった大迫が5月の日本選手権の1万メートルでも好記録を出せば有力な代表候補になってくるし、他の選手の出場機会が奪われる可能性もある。陸連は大迫が出た方が日本選手権が盛り上がると分かっていても、実業団との関係も考慮しないといけない。国内の陸上界は歴史が古く、大迫や川内の発言で変わるかといったら難しいですが、選手は陸連の言いなりではダメです。自分の考えを貫かなければ、この先、何も変わりません」

 陸連は、大迫の訴える選考理由の明瞭化に「どういうケースが出てくるか想定できない」と否定的だ。「曖昧さ」を残す組織と大迫の対立はまだまだ続きそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング