キンプリ平野紫耀は意識高い系「小栗会」加入でどう変わる?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年8月23日 9時26分

写真

小栗旬(C)日刊ゲンダイ

 7月末、南青山の紹介制の高級天ぷら店で開催されたという「小栗会」を、発売中の「女性セブン」が報じている。

 小栗会は約10年前に始まり、山田孝之(35)、瑛太(36)、綾野剛(37)、藤原竜也(37)、鈴木亮平(36)、生田斗真(34)、松本潤(35)ら、同世代の“意識高い”系イケメンが集い、個性輝く形でブレークした。今回ひときわ注目だったのはKing&Prince(通称キンプリ)の平野紫耀(22)が生田斗真と共に参加していたということだ。平野は、「花より男子」の続編で、昨年4月に放映された「花のち晴れ 花男 Next Season」での共演がきっかけで小栗との関係が深まったという。他にも、橋本環奈(20)、藤田ニコル(21)などもおり、メンバーも様変わりしつつある。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「恋愛事情など事務所内では話せないことが小栗さんの元では自由闊達に意見交換ができるから、彼を慕う後輩が増えているのでしょう。小栗さんは結婚前から山田優さんとの交際も隠さず、マスコミにも真摯に向き合い、自力でハリウッド映画出演の切符を手に入れました。舞台人としての意識が強く、後輩育成のための稽古場を作ったり、自分の築いてきたノウハウを伝えようとする器もあり、行動と実力が伴っている。平野さんもそんな小栗さんの姿を慕うひとりというわけです」

 切磋琢磨した初期メンバーは大きく羽ばたき、小栗のミッションは後輩育成に。ジャニーズにはない魅力を吸収し、平野はどう羽ばたくのか楽しみだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング