1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

森七菜は移籍騒動でむしろ認知度UP!幻の朝ドラ&出演作ゼロからリベンジの公算は?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2022年1月14日 9時26分

写真

復活のノロシ?(C)日刊ゲンダイ

 ほぼ1年ぶりの本格女優復帰となる森七菜(20)。1月15日スタートの成田凌(28)主演の連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系)では、恋人殺害の濡れ衣を着せられた医師(成田)が潜伏する海洋観測船に乗務する海洋観測士を演じる。また、動画配信サービス「Netflix」で今年公開予定の是枝裕和監督のドラマ「舞妓さんちのまかないさん」に主演することも明らかになった。物語の舞台は京都の花街にある舞妓さんたちが共同生活を営む屋形で、森は「まかないさん」と呼ばれる料理人キヨを演じる。

「森の連ドラ出演は一昨年末のTBS系『この恋あたためますか』以来、ほぼ1年ぶり。どちらの作品もいわゆる『恋あた』のようなラブコメではなく、重厚なドラマです。特に『舞妓さん』のキヨ役は、森が一昨年に行われたオーディションに参加し、厳しい演出で知られる是枝監督の審査の下で勝ち取った主役だけに、森に寄せられる期待は大きい」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■「タレントパワーランキング」1位

 毎年オリコンが発表する「ブレイク女優ランキング」で2020年に1位に輝き、21年の活躍も間違いなしと言われていたが、年明け早々、前事務所のホームページから森のプロフィルが削除され公式インスタグラムのアカウントも消えたことで移籍騒動が発覚。翌日には、ソニー・ミュージックアーティスツとの業務提携という形での移籍が正式に発表されたが、前事務所との話し合いもなく、森側の一方的な移籍であったと報じられた。

「森だけでなくマネジャー的立場だった母親へのバッシングがネットで広がったことも影響し、昨年のドラマ出演は全てなくなりました。あのバッシングさえなければ、NHK朝ドラの主演オファーもあったのではないかと言われました」(民放ドラマ制作関係者)

 そんな状態にもかかわらず、森は昨年8月に発表された「日経エンタテインメント!」の「タレントパワーランキング2021」の「急上昇編」では見事1位に輝いた。

「20年のNHK朝ドラ『エール』で認知度が上がったこともありますが、移籍騒動によって関心が高まり、逆に多くの人が森の存在を知ることになりました。昨年はドラマ出演こそありませんでしたが、『オロナミンC』や『フジパン』などCM出演は多く、相変わらず好感度が高いことも証明されました。好印象を抱く新たなファンが増えたことも大きいと思います」(CM制作関係者)

 昨年の“癒やし系”実力派女優枠でいえば、昨年は上白石萌音(23)の一人勝ちの状態だった。ネットではアンチもまだ一定数いるが、今年は森にとってリベンジの年となることはほぼ間違いないだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください