「ランボルギーニ・アステリオンLPI910-4」ランボ初のPHEVを発表。

GIGAMEN / 2014年10月31日 17時30分

パリモーターショー2014でベールを脱ぐのは、ランボルギーニ初のプラグインハイブリッドシステム搭載の「アステリオンLPI910-4(Asterion LPI 910-4)」だ。

gigamen_Lamborghini_Asterion_LPI_910-4_01

ランボ初のPHEVの実力は

透明なエンジンカバーの下にある610hp(449kw)の5.2L・V型10気筒に、合わせて300hp(220kw)の3つのモーターを組み合わせて910hp(669kw)の合計出力を発揮。ハイブリッドシステムの重量は250kg。複合サイクルモードは100kmあたり4.12L、CO2排出量は98g/km。

カーボンファイバー製モノコックに、ランボルギーニのDNAを受け継ぐ官能的なデザインのボディをまとっている。リアアクスルに設けられた7速デュアルクラッチミッション、中央のトンネルに配置されたパワフルリチウムバッテリーにより、車体のバランスと、衝突によるバッテリーの損傷を防いでいる。

その実力は0-100km/h加速を3.0秒、EVモード走行は50km、最高速度は320kmだ。

gigamen_Lamborghini_Asterion_LPI_910-4_02

伝説のミノタウロスがアステリオンに

神話上のミノタウロスから着想を得て得た名前がアステリオン。ミノタウロスは一部が人間一部が牛という異種配合の象徴。まさにハイブリッドだ。この名前からどうアステリオンになったのかはわからないが、知性と直感が力強く融合した力の原型といえる。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング