「ランドローバーDC100スポーツコンセプト」ルーフを取ったら気分爽快!

GIGAMEN / 2014年10月29日 20時30分

英国ランドローバーはすでに予告されている新型「ディフェンダー」を示唆するコンセプトカー「DC100」と同時に「DC100スポーツ」もフランクフルトショーにて発表した。

gigamen_Land_Rover_DC100_Sport_Concept01

「DC100スポーツ」はオープントップ

DC100スポーツにはルーフがなく、フロントウィンドーを前方に倒すことが可能。ちょっとオシャレな「ジープ」のような感じだと思えばいい。クローズトトップの「DC100」は実用性と多用途性、「DC100スポーツ」は自由とレジャーを表現したコンセプトカーらしい。

gigamen_Land_Rover_DC100_Sport_Concept02

楽しいアイテムが満載!

直列4気筒2.0Lのガソリンとディーゼルのハイブリッドエンジンを搭載し、障害物を警告する「テレイン・スキャンデバイス」、ソナーで水深を計測してアドバイスする「ウェイド・エイド」、ボタン操作で作動する「スパイクタイヤシステム」。

その他「自己洗浄機能&自己回復機能ボディ」、「ルーフ・ソーラーパネル」、「リムーバブル・タッチスクリーン」、など突っ込みたくなる最新アイテムが満載だ。

さらに、320mm車高を変更できるエアサスが高さを変え、全ての換気ダクトを閉じて湿地を横断できる車両としている。でも屋根はオープンのままというアグレシップさが何ともスゴイ!

尚、新型「ディフェンダー」は2015年に発売される。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング