脳波をスマホでキャッチしてセルフコントロール「Muse」

GIGAMEN / 2014年10月31日 10時30分

職場における昼休みの会話

部下A「最近なんとなく疲れやすいな。集中力も持続しない」

部下B「夏の疲れが今頃出ているのか。もう10月も下旬だぞ」

部下A「やっぱりストレスかな」

部下B「何でもストレスって言葉で片付けてしまうのは、個人的にはあまり感心しないな。まず身体の状況をきちんと把握して、その結果に応じて対処法を考えないとね。場合によっては医師の診断を受ける必要がある」

部下A「ごもっともな意見だ」

部下B「君にうってつけのギアがあるよ。「Muse Brain Sensing Headband(ミューズ)」だよ。Museを頭部に装着して、脳波をキャッチするんだよ。そして、君のスマホにアプリ「Brain Health System」をインストールしておいて、君の脳波の状態をグラフ化することができるんだ。

脳波の変化によって、自分の精神状態を客観的な目で確認することができる。集中力が落ちているときの脳波、疲れているときの脳波など自分の脳波をスマホで確認する。何らかの理由で入院でもしない限り、通常は自分の脳波を見ることはないから、自分の脳波を見たことがない人は多いはずだ」

部下B「自分の脳波を見るのは少し怖いような気がするね」

gigamen_Muse_Brain_Sensing_Headband001

自分のストレス状態をスマホで視覚化

部下A「そんなこといっていてはストレスに対処できないよ。脳波というと、重たいイメージがあるけど、ストレスが高まっているときや集中力が低下しているときには、それに応じて、簡単なところでは休憩をとるとか、背伸びをするとか。

軽い気持ちでMuseを使って、自分自身の健康管理、集中力の維持に役立てるんだよ。集中力が低下している状態で、重要案件の処理をするのはリスクが大きい。」

上司「ストレスとうまく向き合うことは大切なことだ。逆に言えば、一日中集中力を高めていたら、体がいくつあっても足りない。あっという間に倒れてしまうだろうね。わが社にもMuseが必要かもしれない」

部下A「それでは大分集中力が落ちてきましたから、午後は休暇を取らせていただきます」

gigamen_Muse_Brain_Sensing_Headband02

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング