3Dプリンタ「Carvey」を使ってあなたも棟方志功になれる?

GIGAMEN / 2014年10月30日 20時30分

「Carvey 3D Carving Machine 」です。いわゆる3Dプリンタです。この数年で3Dプリンタという言葉をよく耳にします。3Dと言えば、パソコンソフトなどで立体的に表現することや、3D映画でスクリーンから主人公が飛び出してくることくらいしかイメージできませんでした。

ところが、3Dプリンタというのは、パソコンなどで3D表現したものを現実の立体物として作出するもの全般を意味するのですね。このCarveyの機能を知って、やっと実感が湧いてきました。

gigamen_Carvey01

プリンターというより彫刻機

Carveyは、3Dプリンタというよりは、より端的に3D彫刻機と言った方がいいかもしれません。Carveyには、細い掘削ドリルが1本あって、このドリルがパソコン上に描いた立体画像をそのまま目の前に削り出してくれます。掘削する素材は、木材、プラスティック、アルミニウムなどの幅広いものを対象としています。

gigamen_Carvey02

イメージをそのまま手で触れることができる

たとえば、最も分かりやすい例として木版画を作ってみましょう。パソコンの3Dソフトを使って、モダンアートを描いてみます。紙に描いた場合はスキャナーで読み込んで、Carveyに転送します。

そうするとCarveyは、ボックスの中で木材を削りかすを飛ばしながら、3D画像に忠実に絵柄を削り出していくのです。できあがったものにカラフルな絵の具を塗りつけて、紙や布を上から被せて絵の具を馴染ませて剥がします。イメージどおりのモダンアートができあがります。

アートなオブジェ、3Dパズル、3D表札など、イメージどおりのものを削り出してくれます。

3Dプリンタには、熱溶解積層法と切削造形法がありますが、いわゆる3Dペンは前者に属し、Carveyは後者に属します。3Dプリンタは、アートの世界と製造業などに急速な勢いで浸透しています。Carveyは大きな可能性を秘めているような気がします。

日々生まれるアイディアをあなたの頭の中に留めておくのは実にもったいないことです。是非Carveyを使ってあなたのアイディアを現実に手に触れる形にしてください。Carveyは現在Kickstarterで資金調達中です。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング