アメリカ軍が筋力を増強出来るスーツをテストへ

GIGAMEN / 2014年11月14日 10時30分

漫画「キン肉マン」の王位争奪編で「パワードスーツ」なるものを身にまとい戦うシーンがあった。漫画内で描かれたことが現実の世界に登場することは最近珍しくなくなったが、このパワードスーツのようなものを、アメリカ軍が取り入れようとしている。

アメリカ軍がパワードスーツを実用化する?

アメリカ軍がテストを始めたのは、「DARPA」が開発した筋力増強スーツだ。陸戦に備え、機関銃などを装備する兵士の筋力を増強させ、より速い動きで任務を遂行しようとするものである。もちろん任務とは、「人殺し」だ。

gigamen_DARPA01

筋力増強スーツや殺人用ロボットなど、アメリカ軍はあの手この手で軍事兵器を開発している。考えて見れば、アメリカは根絶を主張する核兵器をも「世界の警察」と称して、何台も持っている。現在、各国はロボット技術を軍用化する動きを見せており、日本も何かしらの対策が求められている。

この筋力増強スーツも当初はお年寄りの筋力を補助するコンセプトで考えられたと思われるが、結局人間を蹴落とすことに用いられるようだ。このような勢力に対し、話し合いで解決するのか、力には力で立ち向かうのか。皆さんはどう感じているだろうか。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング