ケン・ブロックさん、「1965フォード・マスタングHOONICORN」どう見ても「ZOKU車」にしか見えませんけど・・・

GIGAMEN / 2014年11月18日 7時0分

モンスターエナジーは、世界中を熱狂させる世界屈指のラリードライバー「ケン・ブロック」の最新作「GYMKHANA7」の公開に先立って、使用車両「HOONCORN RTR」をラスベガスで行われた「SEMAショー」で初公開した。

gigamen_1965_Ford_Mustang_Hoonicorn01

見るからにヤバそうなクルマ

世界に一台だけのこのワンオフモデルは、世界で最初の4WDスポーツカーとされている1965年式「フォード・マスタング」である。ただし当然ながらそのままではない。

「ケン・ブロック」とフーニガンレーシングガレージとRTR、さらにバンギッデンJRとのコラボレーションで実現したチューニングモデルだ。見た目は一昔前の湾岸や首都高のパーキングちょくちょく見かけた「マークⅡ」に似ていると思うのは日本人だけだろう。助手席から箱乗りで旗を振りそうだ。

gigamen_1965_Ford_Mustang_Hoonicorn02

中味はモンスター

しかし、このクルマで箱乗りは自殺行為でしょう。エンジンはV型8気筒410立方インチで845馬力なのだ。「ケン・ブロック」のコメントによると「2年がかりで取り組んだプロジェクトで、過去最高のジムカーナマシンだ。(省略)」と語る自信作。

こうなると最新作「GYMKHANA7」を早く見てみたい。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング