前後、左右、上下、円運動、一切手ぶれなし「3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer for GoPro」

GIGAMEN / 2014年12月3日 17時30分

「3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer for GoPro」です。簡単にいうと手ぶれ補正ジンバルです。手ぶれ補正はご存知だと思います。最近のデジカメであれば、手ぶれ補正というボタンが付いていますよね。これをオンにすると、多少の手振れがあっても上手く撮影できます。

それではジンバルとは何かというと、もちろん打楽器のシンバルではありません。ジンバルとは、1つの軸を中心として物体を回転させる回転台の一種で、軸が直交するようにジンバルを設置すると、内側のジンバルに載せられた物体の向きを常に一定に保つことができます。

例えば船舶や航空機に搭載された、ジャイロスコープ、羅針盤などは、ジンバルを使って地平線に対して常に垂直を向くようになっています(Wikipediaから引用)。難しいですね。身近なところではドリンクホルダーも同じジンバルの原理を使って、ジュースがこぼれないようになっています。

こちらの方が分かりやすいですね。つまり、傾きがあっても常に一定の位置を維持する装置ということです。

gigamen_3-Axis_Handheld_Gimbal_Stabilizer_for_GoPro01

3軸のジンバルで手ぶれ一切なしで動画撮影

3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer for GoProは、セットしたGoProでもって一切手振れなく動画や静止画を撮影できるhandheldの三脚のようなものです。しかも、前後、左右、上下の3軸のジンバル構造ですから、手振れを起こしたくても起こしようがありません。

昔、小学校の運動会で、徒競走や玉ころがしをしている息子の様子をビデオカメラで撮影しました。後で家族で見ると、手振れしまくりで、息子が突然画面からいなくなったりして、「お父さん、どこ撮ってるの」と言われたものです。

あのとき3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer for GoProがあれば、誇らしげに撮影会に臨むことができたのでしょう。どんな激しい動きにも対応する3-Axis Handheld Gimbal Stabilizer for GoProは、スポーツその他のあらゆる場面におけるビデオ撮影に欠かせないギアと言えるでしょう。

gigamen_3-Axis_Handheld_Gimbal_Stabilizer_for_GoPro02

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング