この発想はなかったわぁ~!新しい電気ケトルの形!

GIGAMEN / 2014年12月7日 10時30分

技術者達の絶え間ない研究のおかげで私達の身の回りにある生活品は驚くべきスピードで進歩している。テレビは壁に掛けれるほど薄くなり、携帯電話さえあれば写真を撮るもインターネットに繋がるも自由自在、洗濯機は乾燥まで全自動、キッチンには食器洗い器が当たり前だ。

そんな便利な生活をさらに加速させてくれるかもしれない、新しい生活用品をご紹介したい。誰の家にでもある、お湯を沸かす道具ケトルの新しい形だ。

ケトルも今ではあっという間にお湯を沸かせてくれる。急速沸騰なんてのもあり、誰の生活でも身近で便利な存在なのだが、ひとつ欠点を上げるとすれば必要量より多く水を沸かさないといけないというところ。

例えば250cccコップ1杯分のコーヒーが飲みたい時でも必要水量最低500ccのケトルであれば250ccのお湯とそれを沸かすために使ったエネルギーは無駄になってしまっていた・・・。

1人暮らし用の小さなケトルを使っている人でも必要量ぴったり沸かすより一応多めに沸かす人が多いのではないだろうか?なぜなら足りなかったときとても困るから・・・そりゃそうだ。そんなケトル唯一の欠点を補ってくれるのが・・・

gigamen_Miito_Induction_Kettle01

Miito Induction Kettle

おぉ~なるほどという発想のこちらは、コップなどに必要なお湯を入れ、直接電解棒を差し込む事で必要な量の水だけ沸かす事ができる。

技術者というのは本当にすごいもんでこの発想はなかったわぁ~っと、どこからか聞こえてきそうだ。またポットなどにも差し込んで使えるので、家族などで使う場合1杯1杯いちいち沸かすなんていう手間はかからない。

gigamen_Miito_Induction_Kettle02

差し込む棒、ロッドの形状も日々の生活の事を考えて設計されており、洗いなどのお手入れも楽チン。節電節電と叫ばれている昨今で、無駄にしていたエネルギーを必要な分だけで済ます事ができるMiito Induction Kettle。

見た目もなんだか科学の実験みたいに斬新で、あなたのキッチンライフをより楽しいものにしてくれること間違いない!

動画を見る 

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング