忙しい朝だからこそ一杯のコーヒーにこだわりたい「Chemex Ottomatic」

GIGAMEN / 2014年12月11日 7時0分

職場における朝の会話

部下A「あー、今日は眠いな」

部下B「どうせ昨日遅くまでゲームでもやっていたんだろう?」

部下A「実はそうなんだ。面目ない」

上司「出勤早々、眠いなどと言っているようじゃビジネスマン失格だぞ」

部下A「新企画の資料を朝方まで読み込んでいたもので・・・」

上司「ほう、それでは新企画のエッセンスを発表してもらおうか」

部下A「いや、まだそこまでは理解が進んでなくて・・・」

上司「まあいい。コーヒーでも飲んで目を覚ますんだな」

部下B「朝はコーヒーは飲まないのかい?」

部下A「飲むことは飲むけど、毎日必ずということはないね。僕は基本的にはご飯とみそ汁派だからね」

部下B「僕は朝起きたら必ずコーヒーを一杯飲むよ。ハンドドリップで入れてるから、その日によって味の深みが違うんだよね。美味しく入れることができたときは、その日一日ルンルン気分でいられるような気がするんだ」

上司「私も朝は妻が入れてくれる一杯のコーヒーではじまる」

部下A「いいですね。奥様がコーヒーを入れてくれるなんて」

gigamen_Chemex_Ottomatic01

まさにシンプルイズベストOttomatic

上司「君におすすめのコーヒーメーカーがあるぞ。このサイトだ。「Ottomatic」だ。Chemex社が出しているコーヒーメーカーなんだ。Chemex社はアメリカの老舗ブランド。Ottomaticはシンプルな作りの中にコーヒーの深い味わいを抽出する技術が凝縮されている。

フラスコ型のサーバーを見ると、学生時代の理科室を思い出すんじゃないか。水と豆を入れて、ペーパーフィルターをセットして、スイッチオンでOK。忙しい朝だからこそOttomaticで一杯のコーヒーを楽しむ余裕がほしいというものさ」

部下A「Ottomaticか。くびれた部分のウッドがいいですね。これがあれば朝方までゲームに興じることができるってもんだ。おっと口が滑った」

上司「ん、さあ仕事だ」

gigamen_Chemex_Ottomatic02

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング