睡眠と美容の関係を再認識して、冬を乗り切ろう! 

GIGAMEN / 2014年12月19日 20時30分

冬の肌は、夏の紫外線ダメージが残ったままだったり、そこへ乾燥によるダメージで、肌荒れしやすい季節です。スキンケアに高額を使う前に、睡眠を見直してみませんか?

そもそも睡眠不足は肌に悪い?

睡眠不足は健康に良くなということは、詳しく知らずとも、聞いた事があったり、また自覚したりすると思います。 健康以外に、睡眠が与える影響の1つと言えば、肌が荒れるなどの美容面が思いつくのではないでしょうか?

睡眠中、身体は日中に受けたダメージを修復するという機能を持っているそうです。 たとえば日中に受けた紫外線や乾燥などの、肌や髪へのダメージですが 深い眠りの時に分泌されるといわれる、「成長ホルモン」「メラトニン」の2つの物質が、ダメージの修復に役立つとされています。

睡眠不足の人は、このダメージ修復時間も不足してしまうことから、日中のダメージを修復できず、肌の老化や荒れが進んでしまうようです。

寝れば肌は良くなるの?

とにかく寝れば、肌のダメージは修復されるのでしょうか。この修復をするのに最適な睡眠時間があるようで、「成長ホルモン」「メラトニン」の両方が分泌されるピークが重なるのが、22時~深夜2時だそうです。 この時間に睡眠をとることが、肌や髪の修復に最適だとされています。

またこれらのダメージを修復してくれる成分は、深い眠り(ノンレム睡眠)の時に分泌される為、睡眠時間も短く、浅い眠りだと、いくらスキンケアなどに力を入れても 肌は老化してしまったり、美容にとっては、悪影響を与えてしまいます。

美容にとっては、よりリラックスし、質の良い深い眠りにつき、夜更かしは避けることが必要といえるでしょう。

gigamen_How_sleeping_hours_affect_your_skin01

不眠症・眠りの浅い方へ

眠りが浅かったり、寝付けない方もいると思います。寝れないストレスと睡眠不足では肌荒れ以前に体を壊してしまいますね。

睡眠薬には頼りたくないし、ヨガや運動などする時間がない、サプリメントは本当に効くの?って方は、自分で簡単にできるので眠ろうとする前に、ツボ押してみるのはどうでしょう?以下は睡眠に関するツボなので参考にしてくださいね★

「失眠(しつみん)」足裏のかかとの中心にあるツボ。指で押しても感覚が鈍いところなので、ワインのコルクなどを上から踏み込むようにして刺激します。お灸(きゅう)をすえると効果が倍増します。

「百会(ひゃくえ)」頭のてっぺん、指で押すとブヨブヨしてへこむところを探します。そこに左右の中指を重ねるように当て、頭を手のひらで包むようにしながら、中指に圧力を加えます。心地よい響きがありますので、1分間ほど押し続けてください。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング