起亜の新型「オプティマ」ニューヨークにてデビュー予定

GIGAMEN / 2015年3月24日 16時0分

韓国の自動車メーカー、キアモーターズ(起亜自動車)は3月19日、4月に行われる「ニューヨークモーターショー15」において、新型「オプティマ」を初公開すると発表し、そのスケッチを公開しました。TopGearによるコメントをご紹介します。

Dセグメントセダンの完全なる新型としか解りませんが

初代「オプティマ」は親会社のヒュンダイの「ソナタ」のプラットホームをベースに開発され、2000年に発売されたミッドサイズセダン。2代目は2005年に登場し、米国では「オプティマ」、欧州では「マジェンティス」のネーミングで販売されています。

gigamen_Kia_Optima01

義理固く今回もニューヨークで公開予定

現行の3代目オプティマがデビューしたのは2010年の「ニューヨークモーターショー10」、そして5年後の「ニューヨークモーターショー15」で、4世代目にモデルチェンジを果たすということになる。

しかしながら現時点では、キアからは新型の予告スケッチを公開しているのみで、新型の詳細は公表されていません。キアは、「人気のDセグメントセダンの完全なる新型」とだけ説明している 。

新しい「オプティマ」はクーペのような傾斜、そのフロントは長く、横長のヘッドライトを採用、ルーフラインとそのロアグリルで、いくつかの安っぽい走行用ライト。TopGear.comでは皮肉っていますが、なかなかのカッコ良さですよ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング