キーホルダーに付けると便利!世界最小バッグの先行販売が好調

GIGAMEN / 2019年2月28日 15時15分

普段持ち歩くキーホルダーに付けても邪魔にならない「世界一小さなバッグ」に多くの人が魅力を感じたようです。香港のゼロポイント・デザイン・ラボが『スモーレスト・バッグ』の先行販売プロジェクトを米クラウドファンディングサイトで公開すると、目標額を大きく上回る支援を獲得しました。

予期せぬ量をまとめられ、恥ずかしい物を隠せる。

『スモーレスト・バッグ』をキーホルダー、ジーンズのベルトループ、リュックやスーツケースのハンドルに取り付けておけば、予期せぬ量の荷物を持ち運ばなければならない時に大変助かります。広げるとA4サイズのバッグは折りたたんで丸めると、硬貨とほぼ同じ直径にまで小さくなります。丸めたサイズをキープするため、ナイロン製の持ち手の両面にスナップボタンが付いています。

日本ではコンビニのレジ袋有料化の可能性が取り沙汰されていますが、『スモーレスト・バッグ』を持っていれば、レジで相当な量の商品をコストゼロで詰めることが可能です。手ぶらのまま店を訪れ、そのまま手に持っていると恥ずかしい商品を購入した場合もA4サイズの折りたたんで丸められるバッグが役に立ちます。乳白色のレジ袋などと違い、外から中身は完全に見えません。

 

CFサイトで600万円超の支援を得る盛況ぶり。

『スモーレスト・バッグ』の先行販売プロジェクトは米クラウドファンディング(CF)サイト「キックスターター」で2759人から44万8700香港ドル(約629万円)以上の支援を得ました。2月現在は「インディゴーゴー」からオリジナル(22×31cm)とグランド(31×43cm)の2種類を注文可。「世界一小さなバッグ」が気になる人はCFサイトのページを是非チェックしてみてください。

参照元;KICKSTARTER

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング