ダイエットや睡眠など身体にとってホルモンの分泌が重要なわけ

GIGAMEN / 2014年9月11日 7時0分

ヒトの身体をより細かくコントロールするために分泌されるホルモン。まだまだ謎の部分も多いが、いくつかは私たちに重要な役割をになっていることが判明している。なにやら聞き慣れないものもあるが、覚えておくことで身体の管理にも役に立ちそうだ。

ホルモンがもたらすこんな効果

1.レプチン

「お腹がいっぱいになった」というサインを伝える満腹ホルモンとして知られている。レプチンにより食べ過ぎを防ぐことができる。だが残念ながら食事開始後20分ほど経たないと分泌されない。「ゆっくりよく噛んで食べましょう」とはまさにこのことなのである。

2.コルチゾール

ストレスホルモンとして知られているが、起床のリズムをコントロールする目覚めのホルモンとしても知られている。コーヒーの飲みすぎは、このコルチゾールの働きを阻害してしまうとの報告もある。レギュラーサイズのコーヒーなら1日に2杯ほどが適量だ。

3.エンドルフィン

モチベーションやテンションをあげるホルモンとして知られているエンドルフィン。思考力や創造力にも関係するだけでなく、若返りの効果すらあるともいわれている。このホルモンの働かせるためにてっとり早いのは、軽い運動。ちょとしたウォーキングなどで軽く汗をかく程度でも効果があるとのこと。

4.グレリン

レプチンとは逆で食欲を増進させてしまうホルモン。このホルモンは運動をすることでその働きを抑制できる。外食に行く前に店まで歩いていく、あるいはつい何か口にしたくなったら身体を動かすなどが効果的だ。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング