ジャンクフードやアルコールもここさえ気をつければ多少はOK

GIGAMEN / 2014年9月13日 7時0分

口当たりがよくついつい食べてしまうジャンクフードや夜は欠かせないアルコール類。「体によくないよな」とチラっと頭の片隅で思うのだがが、なぜかやめられない。だが少量ならかえって体によかったり…というエクスキューズができるものもある。

量をとらなければ大丈夫なフードもある

1.トランス脂肪酸に注意

ファスフードやスナック菓子の一番の問題はトランス脂肪酸。悪玉コレステロールを増やすといわれている。成分表示をチェックして、マーガリンやショートニング(主にスナックなどに使用されている)が入っている場合はあまり食べないようにしよう。

2.アルコール類

お腹が出てくる、栄養価が低いなどと思いつつもやめられない嗜好品。肝臓や循環器系など、習慣的な飲み過ぎが要因になるとされている病気も多い。だが赤ワインはちょっと話が違う。「体の錆(さび)=酸化」を抑えるポリフェノールという抗酸化成分を含んでいるのである。さらに脂肪燃焼効果などもあるとのこと。

gigamen_Alcohol

3.ビーフジャーキー

ハンバーガーにしろ揚げ物にしろ肉系はなるべく避けた方がいいのだが、ビーフジャーキーだけは別。たんぱく質をたっぷりと含み、血糖値をあげてしまう糖分が少ないのだ。「たんぱく質を含む食材」でもお伝えしたが、ダイエット中の間食にはもってこいのスナックなのである。ただし質の高いものを摂るように。

4.チョコレート

糖分と脂肪分のコンボとして知られ、真っ先に敬遠すべきフードとして思いつくチョコレート。だが、実はさきほどでてきたワインや緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるフラボノイドを含んでいるのだ。

血液をサラサラにし、さらに量を摂らなければ含まれる糖分が脳に栄養を与え、リラックス効果もあるといわれている。

gigamen_chocolate

5.サワークリーム

乳製品はたんぱく質が多く含まれ積極的に摂りたいところだが、問題はカロリー。だがサワークリームの場合、大さじ1で25kcal前後と同じ分量のバターに対してわずか約1/3ほど。日常生活で摂りにくそうではあるが、バターやチーズの代わりにと、覚えておいてもいいかもしれない。

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング