ねぇ行ってみない? 東京国際映画祭

GIGAMEN / 2014年10月9日 20時30分

こないだ、何を血迷ったかセブンイレブンでエヴァンゲリオンの一番くじを引いてしまいました。結構でかめのフィギュアが当たるじゃないですか、欲しかったんです。で、当たったのはぷちえう゛ぁの綾波レイ(長女)。マリがよかったなー……。

いつもいつも、エヴァは私の中では終わったよ……と思っているのですが、テレビで放送され、新作の映画が出るたびに再燃してしまう。うーん、卒業できん……。

gigamen_Tokyo_International_Film_Festival01

『庵野秀明の世界』 エヴァを含めて50作品を上映

ぼやきはこれくらいにして、2014年10月23日(木)から31日(金)まで第27回東京国際映画祭が行われます。その中には『庵野秀明の世界』があり、テレビ作品、映画作品など自主製作作品を含めて50作品が公開されます。

あー、懐かしいですね、『不思議の海のナディア』。アニメをよく見る人なら分かるのですが、結構キャラが似てます。ナディアは碇シンジに似ているし、ジャンは相田ケンスケに似ております。

あと、なんと言っても、ブルーウォーター‼ 『ヱヴァンゲリオン新劇場版:序』のクライマックスに出てくるあの使徒にそっくり。(テレビシリーズですと一応、第6の使徒、ラミエルに当たります)

もっと時代をさかのぼってもらうと、ラピュタの飛行石にそっくりです。いろいろ理由はあるのですが、庵野秀明監督作品は「ついオタクになりたくなる」感じのものが多い気がします。

gigamen_Tokyo_International_Film_Festival02

この映画祭では本当に多くの映画が上映されます。個人的に見たいなあと思うのは『紙の月』と『天才スピヴェット』です。前者は角田光代原作の作品です。宮沢りえが色っぽい。銀行から横領した金を男につぎ込んでしまう主婦の顛末が気になります。

後者は、ジャン=ピエール・ジュネ監督作品です。『アメリ』、『エイリアン4』を撮った監督なんですが、独特な世界観が映画に溢れているんですね。言ってみれば、奇妙な大人の遊園地。音楽も素敵です。

チケットは2014年10月11日(土)より ticket board にて発売です。見たい映画があったらお早目に! 映画以外のイベントも満載!

第27回東京国際映画祭 公式サイト http://2014.tiff-jp.net/ja/  2014年10月23日(木)から31日(金)

EVA333© カラー ふしぎの海のナディア©NHK/NEP  天才スピヴェット© ÉPITHÈTE FILMS – TAPIOCA FILMS – FILMARTO – GAUMONT – FRANCE 2 CINÉMA

男の夢を読む! WEBマガジン GIGAMEN ギガメン

トピックスRSS

ランキング