大原櫻子、5周年記念ツアーはダンスも大きくクローズアップ 10枚目のシングルリリースも発表

GirlsNews / 2019年5月21日 15時22分

大原櫻子

歌手の大原櫻子さんが、5周年記念ツアー『大原櫻子 5th Anniversary コンサート「CAM-ON! ~FROM NOW ON!~」』を、21日に行われた東京国際フォーラム・ホールA公演からスタートさせた。公演内では、7月31日に10枚となるシングルをリリースすることを発表した。

今回のツアーは、3月に発売した5周年記念ベストアルバムのリリースを受けて開催。ファンへの感謝とこれからに向けての本人の想いが込められ、ツアータイトルにも「~FROM NOW ON~」とサブタイトルが付いている。

これまでのツアーではPOPなスタイルをステージや衣装で表現してきたが、今回は本人自身のさまざまなパフォーマンスをより表現するため、ステージや衣装はシンプルで歌声やダンス、ギターなどより本人のパフォーマンスがクローズアップされている。これまではギターの印象が強かったが、今回のツアーは今後のスタイルも示唆するかのように、長年のレッスンキャリアを持つダンスも大きくクローズアップされている。そして数曲披露されたカバー曲も彼女ならではの選曲で今回の演出のポイントともなっている。

そして、このステージ上で本人から記念すべき10枚目となるシングルリリースが発表された。これは先日発表された、初のドラマ主演であり初のドラマ主題歌も担当するテレビ東京・ドラマパラビ『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』の楽曲。内容は追って発表となるが10枚目、初主演・初主題歌と記念づくしかつこれまでと違ったネクストステージに入った曲になるとのことだ。早速ツアー全会場で限定ステッカーが、対象となるオンライン・リアル店舗では限定オリジナル名刺といった特典もついた予約受付もスタートしている。
 











撮影/高村祐介、川島伸一

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング