フェアリーズ 伊藤萌々香、舞台で歌の本領発揮 『ABSO-METAL』ヒロイン役に

GirlsNews / 2019年8月16日 13時46分

伊藤萌々香

ダンスボーカルグループ「フェアリーズ」の伊藤萌々香さんが、舞台“「ABSO-METAL」~価値×時間=幸せのメダル価値×時間=幸せのメダル~”(9月4日~8日、こくみん共済 coop ホール/スペース・ゼロ)にヒロイン役で出演する。13日に製作発表会見に出席した。

本作は、その人間を構成するすべての要素が換算された通貨「アブソメタル」だけが唯一の絶対的な価値となる学園に転校してきた青年ルカ(演:正木郁)と、学園を支配する生徒会会長のナイゼル(演:井上正大)を軸にした完全オリジナルストーリー。

主演の正木さんは「絶賛稽古中ですが、すごくカッコいい殺陣に映像を駆使していて、“これが舞台なのか!?” というほど他に類のない作品です」とアピール。「フュージョニカルステージ」と銘打った本作について、演出も兼ねる井上さんは「いろいろな要素を融合した新しいエンターテイメント。映像表現を活用しつつ、芝居のよさを引き出せたら」と意気込んだ。

『スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~2017』や『雲のむこう、約束の場所』に続いて3度目の舞台出演となる伊藤さんはルカの幼なじみ・ヴィヴィアンを演じる。「素敵な曲をいただいて、1人で歌ったり、どうしたりこうしたりと歌のシーンも数曲あります。普段は歌ったり踊ったりのグループで活動しているので、本領発揮ができたら」と期待をふくらませた。

作品には、遊馬晃祐、髙﨑俊吾、丹羽絵理香、LILY、川島大樹、岩田有弘、和泉宗兵らが出演するほか、YouTube で有名なビーナス・アンジェリックも映像出演する。

GirlsNewsでは、さらに伊藤さんにインタビューをお願いし、役柄などについて語ってもらった。

--記者会見を終えて今の感想は?

「実際に公演でも使われる“フュージョニカルスクリーン” という、名前からしてカッコいい紗幕をきょう初めて見たのですが、 自分たちが演じる芝居や音楽にプロジェクターで投影される映像がプラスされて、どうなっていくんだろうと、またワクワクとが増えました」

--お披露目された衣装を着てみていかがですか?

「めちゃくちゃ可愛いですよね!ヴィヴィアンだけ白いシャツを着ているところがお気に入りです。メイクさんがヴィヴィアン用に作ってくれたヘア飾りもポイントです」

-- ヴィヴィアンの役柄について紹介してください。

「ルカの幼なじみで、見た目に可愛らしい素直な女の子ですけど、 直球で元気な部分もあったり、時には切ない表情を見せたり、ルカへの一途な気持ちを募らせたりと、たくさん気持ちが詰まっているので、 歌にものせてそれをお届けできたらなと思っています」

--これまでゲームやアニメが原作の舞台が続きましたが、全くオリジナルのキャラクターを演じるにあたって。

「オリジナルって難しいなって、しみじみ感じています。稽古しながら自分の中にヴィヴィアンという子を染み込ませていけたらなと試行錯誤してるところです。まだ “こういう子です” というのが仕上がっているわけではないので、これから徐々に作り上げて、自分だからこそできるヴィヴィアンを表現したいです」

銀岩塩VOL.4
FUSIONICAL STAGE
「ABSO-METAL」〜価値×時間=幸せのメダル〜

9月4日(水)~8日(日) ※全9公演
会場:こくみん共済 coop ホール(旧:全労済ホール)/スペース・ゼロ
http://www.ginganen.com/vol4 http://www.ginganen.com/vol4

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング