1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

あえて選ぶのは「ベーシック」|スタイリストが「気になる服」とは?

GISELe / 2021年9月7日 20時0分

スタイリストの「気になる服」

プロたちが指名する
アイテム別「新しさ」の着眼点

今季の新作を数多く見ているスタイリストたちが、個人的におすすめしたいアイテムとは? 色・素材・秋冬のスタンダードアイテムなど、旬であるだけでなく、先まで着られることを見越して選ばれた、6つのテーマ別にその詳細をご紹介。

➤13アイテムの画像一覧から見る

| SET-UP |
COLOR : GRAY, LIGHT BEIGE
ITEM : JACKET&PANTS, KNIT-UP

☑セットアップ
→靴に左右されないシンプルな形
より上質な印象のウール素材を。靴の選択肢が増えることを想定し、メンズっぽくもコンサバにも偏っていない「ジャストサイズを選ぶ」のが賢明。(樋口かほりさん)


| MATERIAL |
COLOR : YELLOW,BROWN
ITEM : VEST, BLOUSON,SKIRT

☑ボア素材
→小物感覚で使えるベストがいい
ノースリ+デニム、コンパクトなリブニットなど、シンプルな上下に重ねるだけで鮮度アップを見込めて優秀。ファーバッグ的なイメージでアクセントとしてとり入れたい!(樋口かほりさん)


| PALE TONE |
COLOR : BEIGE,BLUE,YELLOW
ITEM : CAMISOLE,PANTS,TOP

☑あいまいな色
→ニットキャミと正統派パンツ
ベージュとペールブルーのあいまい配色。ニットキャミから素肌がのぞくからこそ、淡色どうしもぼやけずシャープ。ボトムであいまい色をとり入れるなら、膨張して見えないよう、正統派なスラックスなどメンズライクで細身のタイプを選ぶのがおすすめ(出口奈津子さん)



| PATTERN |
COLOR : GREEN,GREIGE
ITEM : CUT&SAWN,KNIT,PANTS


☑渋い色の柄
→細い線のチェックパンツ
主張しやすい総柄は、マイルドな色を選んで大人っぽく。チェックがまた今季は復活の傾向。メンズっぽく、ややワイドなパンツを選んでキレイめに着こなすのが今の気分かと思います(出口奈津子さん)


| DETAIL |
COLOR : GRAY,WHITE
ITEM : SWEAT,CUT&SAWN



☑カットソー
→重ね着にも重宝する薄手トップス
ゆったりしたボディに細身のそで&ほのかな透け感で、着ると絶妙なニュアンスが。白=のっぺり見えの懸念も伴う色ですが、コレは体の線もひろいにくく軽やか。重ね着にもぴったりです(渡邉恵子さん)


| KNIT |
COLOR : GREIGE,GREEN
ITEM : SKIRT,SANDALS,KNIT

☑ニットボトム
→色も形もそぎ落としたタイプを
コートを着ることやゆったりとしたトップスを着ることも考えると、便利なのはすとんとした形。配色の幅も広い、落ち着いたグレージュで着回しにも対応(岩田槙子さん)


選ばれた13アイテムを公開中
➤スタイリストが「気になる服」13選|冬につながる新定番の選び方

STYLIST PROFILE

渡邉恵子さん
実際の着用感まで想像の行き届いた提案に支持が集まる。選ばれた服は実用性とスタイルアップの強みを兼ねるものばかり。


岩田槙子さん
女性らしさが引き立つ色と形の選定に定評が。着まわし企画を担当することも多く、シーンレスな服選びにも長けている。


樋口かほりさん
シンプルな服を基調としながら、今っぽさを感じられるシルエット選びが得意。大人に適した甘さのさじ加減も絶妙。


高木千智さん
メンズライクな風合いをとり入れた、辛口な装いが人気。アクセやインナーの効かせ方など、新鮮見えのアイディアも熟知。


出口奈津子さん
力を抜いて着られるデザインが定番。ラフに見せず都会的に引き上げるディテールや素材の選択に、審美眼とこだわりが光る。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング