Wi-Fiのメッシュ規格が統一されるみたいでスゴく嬉しい

GIZMODO / 2018年5月15日 21時7分

20180518-wifi-easymesh-01 Image: WiFi Alliance

長い長いLANケーブルともお別れ。

Wi-Fiの規格を制定しているWi-Fi Allianceが、本日「EasyMesh」という規格を発表しました。こちら、対応しているWi-Fiルーター同士であればメーカーの垣根を超えてメッシュネットワークを構築できるという規格になっております。こ、これはありがたい。

まずWi-Fiにおいてメッシュネットワークというのは、複数のルーター同士を無線で繋げてWi-Fiの届く範囲を拡張させることを指します。これまでだとLANケーブルを張り巡らせていたようなところを、ルーターを設置するだけのカンタン作業にしてくれるわけです。あぁ、画鋲とかで頑張っていた日々を思い出します…。

外界と繋がっているWi-Fiルーター親機と、WiFiが届いていないエリアの間にコンセントがあれば、そこにルーターを設置するだけでいいのでとても楽になります。

ところが、今あるメッシュ対応ルーターは同じメーカー/製品同士としか繋がらないという制限があります。ひとつルーターを買ったら、そのあと買えるルーターに限りが出てきしまうのです。

それを変えようというのがEasyMesh規格。どのメーカー製のルーターであっても、EasyMesh規格にさえ対応しれいれば合わせてメッシュネットワークを構築できるのです。

しかも管理も楽ときます。ルーターを新たに一台設置すると、EasyMeshが自動的にメッシュネットワークに追加してくれますし、負荷が高い端末があれば通信を多くさいてくれます。

EasyMesh規格が実際にメーカーに導入されるまではある程度時間がかかると思われますが、メッシュネットワークがカンタンに作れる未来はそう遠くなさそうです。


Image: WiFi Alliance
Source: WiFi Alliance

Patrick Lucas Austin - Gizmodo US[原文]
(西谷茂リチャード)

ギズモードジャパン

トピックスRSS

ランキング