カメラかな?スマホかな? YONGNUOのAndroidなカメラを発見! #CPPLUS

GIZMODO / 2019年2月28日 17時9分

190228yok00 Photo: 小暮ひさのり

どっちだと思う?

中華カメラ機材メーカー「YONGNUO」ブースにて、こんなカメラ?スマホ?どっち?を発見しました。

おそらく以前発表されたAndroid OSを搭載して、マイクロフォーサーズセンサーを使って、キャノンEFレンズが使えるという変態的なキメラAndroidカメラ「YN450」だと思われます。

190228yok01 Photo: 小暮ひさのり

アプリ一覧画面、見えちゃいましたけど、まぁよくあるAndroidですね。各機能がアイコン化されていて、カメラアプリを起動していました。

開発中のモデルとのことですが、機能としてはWi-Fiやモバイルデータ通信にも対応、撮影した写真をその場でTwitterなどにアップするといった楽しみ方もできるようです。

190228yok04 Photo: 小暮ひさのり

カメラアプリのインターフェースはこんな感じ。もちろん、タッチ操作で変更します。マニュアルの他、シーン別の設定も用意されています。

190228yok02 Photo: 小暮ひさのり

周囲の光量が足りてないってのもあるんですけど、AFは気になるくらい遅めです。

シャッターを切ったあとも一瞬、時がすっ飛ばされるような画面になって、使っている感覚としてはちょっと古めのAndroidスマホのカメラ感がありますね…。ソフトウェアがもうちょっとこなれると、違ってくるのかも?

190228yok03 Photo: 小暮ひさのり

ただ、フォーカス速度を気にしないで、というのであれば、潜在的なスペックは高めなので、なかなか良いじゃない? な写り。

画面下部のメニューバーがAndroidスマホのソレ。という若干興が冷めるポイントはあるものの、一眼カメラのディスプレイを遥かに上回るサイズで、ダイナミックにプレビューを見られるのは利点です。ここからソーシャルとかにUPできるっていうんだから、便利じゃないですかこれ?

あっ、GooglePlayが使えるかどうかはわかりません。

190228yok05r Photo: 小暮ひさのり

レンズを外すとこんな感じです。うん、この角度から見るとミラーレス一眼っぽいですね。

はたしてこれはカメラなの? スマホなの? どっちなの?

Source: CP+2019

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング